遊び(趣味)の世界は奥が深いな〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線測定器を購入してみました

<<   作成日時 : 2011/11/03 13:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ガイガーカウンターとも呼ばれています。
ずっと以前から購入を検討していました。
とはいっても福島原発の事故後からです。
やっぱり自分自身でも調べる必要があると強く感じたからです。
ホットスポットも凄い気になりますし。
購入したのは『SOEKS 01M』という製品でロシア製です。
かなりコンパクトでカラー液晶がついています。
日本語表示はできませんが英語の表示はできます。
先ずは今回簡単なレビューを。


先ず購入に当たって色々調べてみました。
今現在コストパフォーマンス面からみて信頼性が高い製品は、
ロシア製の物という事を知りました。
ロシア製・・・?
ロシア製の物は一つも持っていません。
食べ物は沢山食べてきましたが・・・。

ロシアはチェルノブイリの事故を経験しているため、
必然となり技術が発展したようです。

アメリカ製も信頼性が高いようです。
但し、価格が高い・・・。

中国製は・・・。
誤差や故障が大変多いようです。
なので選択からは真っ先に外れました。

日本製は60万円程度から更にもっと高いのまでといった感じのようです。


そうそう10月からエステーでも発売になったようです。
エアカウンター』。
実はこれを狙っていました。
7月くらいに発売時期、価格なども発表されていたので待っていたんです。
当初、税込み15,750円で発表されていましたが、
発売時には9,800円に改定されました
理由は来春に発売を予定している第2弾の製品が、
更に低価格で発売できる見込みであることなどのようです。
素晴らしい!

やっぱり日本製が信頼できますよね〜。
品質、性能、保障面全て。

でも、今は福島県を中心としたドラッグストア、
ホームセンターなどで先行販売だそうです。
仕方ないですね。
この判断は正しいと思います!

第2弾が出て手に入りやすくなったら多分購入すると思います。

最終的に購入の候補に残ったのは下の2つです。
  1.RADEX RD−1503
      巷で一番売れている物かもしれません。
      ロシア製で価格は2万円程度。
      (震災直後から暫く今の5倍程度の価格が続いていたようです)
      -----------------------------------------------------
      周辺線量当量率測定範囲 (μSv/h):0.05〜9.99
      測定間隔 (秒):40±0.5
      モノクロ画面
      測定値グラフ表示:×
      連続的な表示時間:○
      重量 (グラム):約100g(含む単4電池2本)
      -----------------------------------------------------
      モノクロの液晶です。
  2.SOEKS-01M
      ロシア製で価格は2万円程度。
      (これも震災直後から暫く今の4倍程度の価格が続いていたようです)
      -----------------------------------------------------
      周辺線量当量率測定範囲 (μSv/h):0.03〜99.99
      測定間隔 (秒):10以下
      カラー画面
      測定値グラフ表示:○
      連続的な表示時間:○
      重量 (グラム):約100g(含む単4電池2本)
      -----------------------------------------------------
どちらを購入しても問題ないようです。
SOEKS-01Mは電池の持ちが悪いみたいです。
多分、測定間隔とカラー液晶の影響でしょうね。

結局、SOEKS-01Mを購入してみました。
ファームウェアに注意した方がいいようです。
古いバージョンだと精度が悪かったり、
測定に時間がかかるようです。
今現在の最新バージョンは1.CLだそうです。


こんな箱に入ってます。
横にある説明書はオリジナル日本語説明書だそうです。
購入したショップはSOEKS社の日本正規代理店との事でした。
画像



因みにケース代わりのジップロックと乾燥剤がついてきました。
カバーに入れて測定しないと万一汚染物質がセンサーに付着すると、
その後取れずにずっと高い値を表示してしまうからです。
でも、付属のジップロックはサイズが大きくて、
自分は小さなビニール袋に入れました。
乾燥剤は入れてません。
画像



箱を開けると!

画像

画像



早速、付属の電池(単42本)をセットします。
SOEKS-01Mは本体の電池に切り替え、
USBから充電して使う事も可能だそうです。
自分は付属の電池を使い切ったら、
エネループで使っていく予定です。
画像



ちょっとドキドキしつつ電源オン!
0.11マイクロシーベルト。
この数値はどうなんでしょう・・・。
ちょっとネットで調べてみましたが、
東京や横浜では概ねこの値のようですね。
少し安心。
でも、震災前より確実に上がっているのではないでしょうか。
それに公に公表されている値よりやっぱり高い。
勿論、精度的な問題もあるかと思いますけど。
これは絶対値で見るより相対値で見ていく方が良いようです。
今後、継続的に変化を見て行きたいと思います!
画像




他の部屋で測定してみました。
0.14マイクロシーベルト。
場所によっては最高で0.2マイクロシーベルトまで振れてました。
説明書には0.4マイクロシーベルトを超えたら
「原因を究明する必要あり」と。
1.2マイクロシーベルトを超えたら
「その場所にいることは危険かもしれない」
と書かれています・・・。
画像



今度は自宅の外を測定してみました。
0.15マイクロシーベルト。
自宅内と余り変わりませんね。
念の為、ホットスポットとなりやすい雨どい、側溝、
落ち葉なども計測してみましたが変わりませんでした。
先ずはヨカッタ〜!!!
画像




自分がいつも参考にさせていただいているページがあります。
中部大学 教授 武田 邦彦さんのホームページです。
「ホンマでっか!?TV」などにも出演されているので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
原発事故の後も一貫してブレることなく訴え続けておられます。
自分の中ではかなり信頼しています。


それでは、これからも定期的に測定し、
ブログにアップして行こうと思います!






【正規代理店・並行輸入品ご注意】放射線測定器「RADEX RD-1503★10月下旬発送★」 ガイガーカウンター
Kantan Life楽天市場店
携帯型デジタルβγ放射線測定器RADEX MODEL RD1503★★10月下旬発送★★正規代理店キ





【正規代理店】放射線測定器「SOEKS 01M」(1.CL)、【★配送は1?2営業日★】、ガイガーカウンター
Kantan Life楽天市場店
携帯型デジタルβγ放射線測定器SOEKS MODEL 01M★★配送は1?2営業日!★★・カラー液晶





【日本正規代理店】「RADEX RD1706★11月下旬発送★」放射線測定器 、ガイガーカウンター、「RADEX RD-1706」【11月下旬発送】
Kantan Life楽天市場店
携帯型デジタルβγ放射線測定器RADEX MODEL RD1706★11月下旬発送★本製品カルデック



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線測定器を購入してみました 遊び(趣味)の世界は奥が深いな〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる