遊び(趣味)の世界は奥が深いな〜

アクセスカウンタ

zoom RSS クルマの不具合 個人的考察

<<   作成日時 : 2015/01/25 20:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 3

昨日もブログに書いてますが、
新車の問題が解決されていません。
その以前に現時点では対策方法不明なようで、
フォルクスワーゲンジャパンが現在調査中のようです。
納車時から違和感がありました。
でもDSG特有の癖もあるので、
一概に全て不具合とは言えないかと思いますが、
前車もDSGの形式は違えど、同じゴルフヴァリアントの
DSG搭載車でしたので、固有の癖は
把握しているつもりです。
なので不具合です。
とにかく早く解決して欲しいな・・・。


購入したディーラーの試乗車でも程度の違いはあれ、
同じような症状が再現できたそうです。
でも、僕のクルマの様なブレーキを踏んでいても、
3千回転まで上がってしまう事は流石にないそうです。

ですので僕のクルマ固有の不具合でしょう。



すみません。
今回は大変固有なクルマの話であり、
関係性がない方には全く意味のない話となります。
それと結構長文になります。
なのでご興味ない方は読み飛ばしちゃってください(笑)。


僕の前車はゴルフ5のヴァリアント コンフォートライン。
 湿式DSGのツインチャージャー1.4リッターです。

新車の方はゴルフ7のヴァリアント コンフォートライン。
 乾式DSGのシングルチャージャー1.2リッターです。



先ず最初に断っておきたい事があります。

僕は前車からフォルクスワーゲン乗りになりましたが、
ゴルフは大変気に入っており前車は大満足でした。
できればこのままずっと前車を乗って行きたいくらい。
これからの維持の事も考え買い換えちゃいました。
本当はまだまだ乗り続けたかったんですけど。



大満足な理由は簡単に書くと以下となります。

・走りと安全面に重きを置いており、実際にそれをとても感じる
・高速走行時の安定性(ピタッと真っ直ぐ走っていきます)
・基本的に全てがシンプル
 (走りと安全面に注力)
・感覚的なものですが運転していてとても自然
 (なので長距離を走っても疲れが非常に少ない)
・ボディーの剛性感が素晴らしい
・見えないところにコストを掛けている
 (ドアのヒンジや鋼板など)

などなど、まだまだあります。


気になる点は・・・。
・別の機会に書きます(笑)。
 まぁ、小さな問題というか感覚的なものもあるので。
 許せる範囲内でちょっとおバカな面もあったり。

ここら辺の話は別の機会にじっくり書きたいと思っています!
なので個人的には良い面ばかりがほぼ占めています。
という事でこの話はここまで。



そして買い換えたゴルフ7の問題。

1.純正ナビのディスカバープロが納車時から自車位置を認識できなかった
2.塗装のちょっとしたムラ
3.オートマ(DSG)の不調
4.その他些細な点


1.はエンブレムカメラというリアカメラをディーラーオプションで装着してもらいましたが、
  納車時から自車位置を認識できていませんでした。
  これは接続不良だったようです。
  ただ、その時の初期の対応がちょっとイマイチだったんですけど(汗)。
  解決したし大した問題ではありません。
  ただ、その後もう一度発生しているのでちょっと気になってはいます・・・。
  ナビについては他にも急に音が出なくなったとかもありますが、
  これは購入前から調べていて想定の範囲内でしたし笑って済ませる感じです。

2.はちょっとショック・・・。
 ディーラーは塗り直しと再ボディーコーティングの費用負担を言ってくれてますが、
 どうしようか迷ってます。
 今のところそのまま乗り続けようかと思ってます。
 気にしないように気にしないように。

3.これが一番の問題です。
 凄いストレスになってます・・・。
 そして今回の考察。

4.これは笑って流せる程度の話ですね。
 なので今回は割愛します。



前置きが非常に長くなってしまいました(汗)。
多分、皆さん読むのここまで辿り着けなかったかも・・・(汗)(笑)。


ということでここからが本題で超ニッチな話となります。
宜しくお願い致します。



個人的な結論としては日本の道路事情に対して、
未だ対応しきれていない面があるのかなと感じています。
多分、都内や横浜の様な渋滞や一旦停止、
ノロノロ運転の繰り返し状況などは
想定されいないというか、
把握できておらず対応しきれていないのかなと。

それと乾式DSGの熟成不足や、
構造上の限界や個体差など。
前車はこの症状は全くありませんでしたし。


DSGとはフォルクスワーゲンの
「DSG(Direct-Shift Gearbox、Direkt-Shalt Getriebe)」の
名称で、6速と7速のトランスミッションです。
一般にはDCTと呼ばれているようです。


では前車は何故大丈夫だったのかを、
ちょっと考えてみました。

前車も1.4リッターという小排気量です。
なので最初はその辺りの力不足が心配でしたが、
噂通り高効率のターボチャージャーとスーパーチャージャーでは、
パワー的に全く問題ありませんでした。
寧ろスーパーチャージャーの低速トルクはあり過ぎなくらい。
それと、スーパーチャージャーからターボチャージャーへの、
繋ぎ加減も全く違和感無しでした。

ただ耐久性だけは心配でしたが、
僕のクルマは特に問題ありませんでした。
一部、サーキュレーターとかが故障とかで、
部品交換は必要でしたけど。

ヨーロッパでは高効率のターボチャージャーが
主流となりつつあるよです。


今回のゴルフ7では更に排気量が小さい、
1.2リッターを選んでみました。
一番の理由は予算面からですけど(汗)。
それでもパワー的には十分です。
ただ、やっぱり低速トルクは細く多分シングルチャージャーの1.4も同様です。
それと乾式DSGは大パワーには対応できないようなので、
マッチングとしては良いようです。

走行フィールの低速パワー不足を補うためかと思いますが、
前車よりも走り始めは積極的に高回転まで回す制御のように感じます。

そこでターボの特性というかデメリットが影響してしまい、
制御しきれていないのもあるのかなと感じています。
一旦、発進して直ぐに停止するような状況がとても苦手。
低速での加速からのアクセルペダルを緩めたときも同様に。


それとオートホールド機能や、
ACC機能を考慮したプログラムが災いして。

オートホールドとはスイッチ操作で電子制御で行う、
パーキングブレーキ機能です。


ACCはアダプティブクルーズコントロールといい、
車間距離を一定に維持できる機能です。
僕のクルマにはこのACC機能はありません。

ただ、今回メーカーがこの機能投入に伴い通常でも積極的に、
現時点の走行状況を維持しようとしている感じが受け取れるんです。
これはあくまでも前車に比べてなのと、個人的な感覚としてですが。
なので全く確証はありません。


この辺りが複合的に影響しあったり、
単純に起因したりして状況により
発生してしまっているのかもと考えたりしています。

それにしても僕のクルマの個体差としても、
少し大きいのではと思います。
なのでDSGそのものの問題があるかもとの
懸念は払拭しきれていません。


すみません。
考察と言いつつダラダラと呟き程度を、
書き連ねてしまいました(汗)。
僕は専門的な知識は全く無く、
あくまでもド素人の感覚的な
意見としてのコメントとなります。



とにかく、とにかく早く早期の解決を願うばかりです。
因みにに昨日と今日は気になる状況は発生しませんでした。
不安は全く払拭しきれませんけど、
これはとても嬉しい事です。
プログラムが学習したのかな?


早く安心した〜い・・・。
めちゃめちゃコアな話ですみません・・・。

お騒がしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 45
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クルマがやっとやっとマトモになりました!
長く長く本当に長く続いてきた、 クルマの不調がやっと解決しました。 長く続いたというより、 納車になった新車の時からです。 購入したのが一昨年の12月なので、 もう既に1年と3ヶ月です。 本当長かった。 それに新車の時からだから、 凄い辛かったし後悔しました。 詳細は・・・。 ...続きを見る
遊び(趣味)の世界は奥が深いな〜
2016/03/27 18:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

凹んでいる状況なのに、報告していただき、ありがとうございます。最後まで興味深く読ませていただきました。

hey-hey-yowさんが書いていることが当たっているかどうかは置いておいて・・・元5ヴァリ乗りならではの視点、洞察力に感服いたしました。

5ヴァリ・・・湿式だったのですね! その方が、ジャダー等の心配が少ないようですね。

「オートホールド、ACC等の電子制御機能が関係しているかも・・・・」にはなるほど!と思いました。

日本の交通事情・・・これだけ車が多く、信号や渋滞も多く、チョイ乗りが多い・・・平均車速が遅い国・・・世界でも、レアなケースでしょうね。

たしかに「DSGは日本と相性が悪い」とハッキリ言えます。

私(HL)の場合、エコモードでフリーホイール機能を使いまくりなので、ギクシャクや違和感はほとんど感じませんが、Dモードを常用すると、多少の違和感を感じるとともに、DSGの耐久性に心配が出てくることでしょう。

私のブログにも書きましたが、減速後(時速5〜10kmまで落とした後)の再加速・・・反応がよくないですね。そこだけが不満ですが、慣れました。アクセルワークやブレーキワークで、ある程度対処できるようになりました。
ししとー
2015/01/26 06:57
800字を超えてしまったので、2つに分けて投稿させていただきます。

以下、続きです。

hey-hey-yowさん・・・それだけ不具合があるのなら、車両の交換・・・ダメ元でお願いしてもいいのでは・・・

そのディーラーで2台目なんですよね。 お願いする資格はあると思いますよ。

「ディーラーさん! そのCL・・・ちゃんと整備したうえで、ここを直しました・・・と注意書きしたうえで、認定中古車にして売ればいいじゃん!」って言いたくなります。

試乗車も認定中古車にしているわけだしね。できるでしょ、そのぐらい! と言いたいです。

万が一、それが可能ならば・・・差額は必要でしょうが、HLがお勧めです。

勝手なことを書いて、すみません。長文、失礼しました。
ししとー
2015/01/26 07:00
ししとーさん、コメントありがとうございます。
ししとーさんのレビューにも感服しております。

同じディーラーからの2度目の購入なんです。
人によっては同じように交換してもらったらって、
アドバイスされています(汗)。
でも、そこまでは多分無理ですよね。

価格の違いは大きいですけど、
確かにハイラインは魅力的ですね。
サスペンション、ヘッドライト、その他諸々、
基本的な部分での差がかなり大きいですね。

購入時一番差が気になっていたのは、
サスペンションとヘッドライトです。
サスペンションは前車でも大変気に入っていた、
マルチリンクでないのが大変残念でした。
それとオプションでキセノンを装着しても、
LEDポジションランプが付かない・・・。

それでもその辺りに特に不満はありません(笑)。
ゴルヴァリ7自体は大変良いクルマですよね!
hey-hey-yos
2015/01/27 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
クルマの不具合 個人的考察 遊び(趣味)の世界は奥が深いな〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる