シュラフ検討中です!

最近ちょっと登山行けてませんが、
ずっと検討している物があります。
もう去年からずっと。
それはタイトルにも書きましたがシュラフです。
寝袋、スリーピングバッグともいいます。

今持っているシュラフはスリーシーズン対応なので、
雪山はやらない自分にはちょうど良いはずですが、
去年9月の今頃八ヶ岳のオレーン小屋でテント泊した時に、
寒さ的にちょっと限界を感じました。

多分、自分は普通の人より寒さには弱いです・・・。
かなり弱いと思います・・・。

でも、雪が降る直前か残雪が少し残る八ヶ岳、上高地、
雲取山などでテン泊してみたいんですよね~。
そこでずっとシュラフの検討が続いています。

今使っているのはナンガのポーリッシュバッグ300DXです。
快適使用温度は-2℃らしいです。
多分、自分には限界を超えています・・・。
-2℃では全く快適ではなさそうです・・・。

去年の10月にもブログで書いてます。
その時のブログが、
秋、春用のシュラフが欲しい』。


シュラフの選択難しいですよね。

ついこの前まではナンガオーロラ600DXにしようかと思っていましたが、
今は候補がコロコロ変わってしまっています・・・。

スリーシーズン対応でもかなり寒さに強いダウン500g前後にするか。
それとも一気に冬用のダウン700g前後にするか。
フィルパワーによっても暖かさは相当差があるらしいですし。

冬用にすると価格も高いし、それに更に重くなるし・・・。
う~ん迷います。
本当に自分に必要なのかも・・・。


とりあえず今現在の候補は!
(また直ぐに変わっているかもしれません)


1.ナンガ ナノバック540SPDX
   【メーカー説明】
     生地:30dnナイロンNANO-tex撥水加工
     内部構造:ボックスキルト構造
     ダウン量:540g 
     (※この商品は国内で洗浄し一つ一つ手摘みされた
       ハンドピックヨーロピアンホワイトグースダウン95ー5%を
       使用いたしております。)
     フィルパワー:860FP
     収納サイズ:φ16×30cm
     付属品:ショルダーウォーマー付
     総重量:950g


2.カモシカ ウインターダウンシュラフ 700DX
   【メーカー説明】
     表面素材 30Dリップストップナイロン
     中 綿 ダウン100%(ホワイト・グレーグース95%,フェザー5%)
     羽 毛 量 700g
     総 重 量 1150g
     フィルパワー 780


3.モンベル U.L.スーパー スパイラルダウンハガー#0
   【メーカー説明】
      中綿:800フィルパワー・EXグースダウン
      撥水加工:ポルカテックス®
      表地:バリスティック®エアライト
      総重量1,270g(本体重量:1,230g)
        ※総重量はスタッフバッグも含んだ重量です。
      収納サイズ φ19×38cm (8.6L)


価格はそれぞれバラバラです。
高い・・・。


あ~、でも欲しいな~。
晩秋や春先も山でテン泊したい!

人によって耐寒レベルは全く違って、
しかも自分はかなり耐寒レベルが
低いのがわかっていますが。


どなたか良きアドバイス頂けませんか~!
宜しくお願い致します!




【mont・bell】モンベル・U.L.スーパー スパイラルダウンハガー#0
インディーズ楽天市場店
※取り寄せ商品の為、納期がかかる場合があります。正確な納期はご注文後お知らせいたします。仕様【素材】


楽天市場 by 【mont・bell】モンベル・U.L.スーパー スパイラルダウンハガー#0 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ナンガ ナノバック540SPDX(860FP) レギュラー [NANGA シュラフ]
モーリス
 ■製品説明 表生地に30dnNANO?tex撥水加工を施したものを使用し優れた撥水性、防汚性をもた


楽天市場 by ナンガ ナノバック540SPDX(860FP) レギュラー [NANGA シュラフ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ナンガ オーロラ600DX(760FP) レギュラー 【NANGA ナンガ シュラフ 寝袋 マミー型】
モーリス
 ■製品説明 表生地にオーロラテックス(多孔質ポリウレタン防水コーティング素材)を使用いたしておりま


楽天市場 by ナンガ オーロラ600DX(760FP) レギュラー 【NANGA ナンガ シュラフ 寝袋 マミー型】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

まーちゃん
2011年09月17日 22:31
こんばんはー

シュラフ検討中ですかー。いいなー検討中って一番想像力を使って楽しめるときですよねー。

僕の経験からすると、シュラフの快適使用温度は、地面の状態、マットやテントの形状や素材などによってかなり違います。プラス5,6℃は当たり前。-2だと、4℃くらいとか・・・
昨年の10月中旬の奥多摩~奥秩父縦走の際、ちょうどオーレン小屋と同じくらいの標高にある大弛峠でテン泊したんですけど、僕のシュラフの快適使用温度はー4℃ですが、薄くて短いマット+足元にザックを敷くスタイルですと、下着姿ではとても眠れません。。。

冬でなければシュラフで1kg越えはちょっと厳しいですね。体感レベルが低いのであれば、ダウンジャケットやパンツをうまく使って総重量を減らしたいですね。。

うまいアドバイスが出来なくてすいません
Nabegi
2011年09月18日 00:46
はじめまして、nabegiと申します。

自分も山仲間に笑われる位に相当な寒がりさんなので・・・
ご参考になればと思いコメントさせて頂きます。

候補にされている3モデルですが、晩秋での使用だとオーバースペックかもしれませんね。12月~3月の積雪期に対応できるスペックですので、将来的に厳冬期の入山を検討されているのであればアリだと思いますが、
現在お持ちのシュラフが-2℃と言う事であれば単品で2000m級で3シーズン 3000m級でハイシーズンは快適に過ごせると思いますので、シュラフカバーとライトダウンジャケット作戦を試されてみては如何でしょうか?

特に晩秋や春先の山では急な天候の変化がある事を意識して装備選択をして頂く事が、快適なテント生活と安全登山を楽しむ肝かと自分は思っております。
かと言って過剰装備で重量を増やすのも・・・・なので、シュラフもウェアと同様にレイヤリング思考を検討されてみては如何でしょうか?
具体的なアイテムとしてシュラフカバーとライトダウンジャケットです。この2点を3シーズンシュラフに組み合わせれば、相当快適な晩秋テン泊が可能になると思いますよ!
シュラフカバーは持っていて損はしないモノだと思いますしね! ちなみに、、好●山荘がオリジナルで出してるゴアのシュラフカバーがコスト的にもオススメです!

実際に数年前、10月中旬の奥穂高岳山荘で初冠雪にやられた夜も寒さを感じる事無く快適に過ごせましたし、残雪残る5月の尾瀬や八ヶ岳エリアで雪上に設営した時も問題なく過ごせました。

ちなみに自分が使っているシュラフは3シーズンがナンガ・スウェルバック380DXで冬用にナノバック720DXです。

ではでは、長文駄文失礼致しました。
2011年09月18日 09:52
まーちゃんさん、おはようございます!
アドバイスありがとうございます!

シュラフのメーカー表示の快適温度は、
相当エキスパートの人の耐寒温度ですよね。

実は去年寒いと感じた時にはパタゴニアのナノパフと、
モンベルのスーパーメリノウール<ミドルウエイト>を
着て寝ていたんです。
下は登山中履いていたストームゴージュ
アルパインパンツを履いて寝ました。

それで寒いんだから自分の耐寒性が
低すぎとい感があります・・・。

マイクロフリースとダウンパンツもあるので、
それらも着込んで試してみようと思います。
それとマット2枚重ねで!

そうそう先日から珍しく風邪を引いてしまいました・・・。
2011年09月18日 10:17
Nabegiさん、はじめまして!
大変参考になるアドバイスありがとうございます。

寒さの感じ方は本当人それぞれですよね~。
ウェアでの差はそれ程違わなくても、
人それぞれ寒さの感じ方が結構違うように感じます。

先ずは自分の耐寒性を高めるトレーニングも
必要かもしれませんね。

候補はやはり晩秋ではオーバースペックですか。
実はシュラフカバーは揃えてたのですが、
まだ一度も使っていません。
カモシカオリジナルのゴア製の物です。
(但し、シームリングされていないので、
ゴアと名乗れないそうです。生地は同じだそうです)
試してみないといけませんね!
今年、6月の雲取山と赤岳(赤岳鉱泉)には
持っていったんですが使いませんでした。
その時はナンガのポータブルダウンパンツも履きました。
この時は快適に寝れていました。

スーパーメリノウールの上下を持っているので、
それとマイクロフリースとナノパフを着て、
ダウンパンツも履いて試してみようと思います。

シュラフは自分と同じメーカーですね!
有用な情報ありがとうございました!

この記事へのトラックバック

  • シュラフの検討は続きます!

    Excerpt: 今日は飲み会でした~。 いきなりタイトルの本題に戻ります! 登山初心者の自分ですが登山装備において、 個人的にはシュラフ選びが一番難しいと感じています。 季節、天候、時間、体力、財力、場所(山.. Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2011-09-28 23:58