丹沢(蓑毛~ヤビツ峠~岳ノ台~搭ノ岳~大倉)日帰り 2月11日(土) 快晴(積雪) Part3

画像

Part2お疲れ様でした!
積雪の丹沢表尾根縦走Part3、
今回が最終章となります。
膝の痛みがどうにもならなくなってきました・・・。
もう引き返せません。
なのでPart3では新大日から塔ノ岳頂上を目指します。
時間も遅くなっていましたし。
こんな状態で下山間に合うのだろうか・・・。
ちらっと山小屋泊も脳裏をよぎりました。


本当景色最高で丹沢表尾根最高なんですが、
どうにも膝の痛みが我慢できなくなってきました。
こんなの初めてです・・・。
この状態で、この時間。
これ以上膝が痛くなったら下山は無理です。
なるたけ膝に負担を掛けないように、
そして出来るだけ速く、
そう意識しながら歩きました。

PM1:34 新大日を出発です。
画像


塔ノ岳頂上まで後1.4km。
頑張れ~自分!
画像


ここは雪深いですね。
でも泥が出てなくて真っ白で綺麗です。
雪だんごが・・・。
画像


新大日近辺は何か急に寒く感じたので、
ザックを降ろし気温を見てみました。
マイナス4℃。
やっぱり寒い訳だ~。
ここは風もあるので体感上はもっとです。
画像



雪、結構深い。
でも綺麗だ~。
画像



結構積もってるの判りますよね!
画像



PM2:10 木ノ又大日にある木ノ又小屋に到着です!
画像



木ノ又小屋のメニューなどです。
中は暖かそうだったな~。
休憩したい・・・でも時間がおしてる・・・。
画像


なので進んじゃいます。
画像


あと0.7kmだ~!
こういう時は中々距離が詰まらないんだよな~。
あ~膝通さえ無ければ・・・。
画像


道を少し外すとこんなに雪深いんです。
楽しい~。
そんな事言っている場合じゃない・・・。
画像


いい感じの雪道だ~。
それと共に寒さが増してきました。
フリースの上に何も着ていないので、
スースーします。
ナノパフかレインシャドウを着ようかと思いましたが・・・。
面倒くさい。
なのでそのまま進みます!
画像


3人のパーティーの方が一眼で写真撮ってます。
そこからの景色いいもんな~。
そうそう、この3人の方達確かヤビツ峠にいた方達だよな。
ヤビツ峠で自分とは反対方向に進んでいました。
自分はコースミスをしてましたので・・・。
画像


塔ノ岳頂上&尊仏山荘が見えました!
画像


いい感じの道だ~。
でも膝が痛くて余り楽しめない。
画像


これが霧氷?
いい景色だ~。
ちょっと寒い・・・。
膝が痛い・・・。
画像


遠くにランドマークタワーやクイーンズタワーが観えます。
みなとみらい地区です。
それにベイブリッジも観えるではないですか~。
その先の千葉だって見えてるし。
この方角に自宅があるんだよな~。
今日、本当に帰宅できるのだろうか・・・。
画像


PM2:38 塔ノ岳頂上にやっと着いた~!
よく頑張った!(自分)
また山においでよ~。
いぇ、今は帰れるかどうかも・・・。
画像


この富士山の写真好きです!
画像


塔ノ岳頂上は先週と変わって真っ白!
画像


気温はマイナス5℃。
寒いには寒いんですが先週より寒く感じません。
陽があたっていると同じ気温でも全然違う。
画像



今回初導入のオスプレーのレザヴォア用、
『インサレーテッドデリバリーシステム』、
効果ありました!
ホース内も凍っていません。
バイトバルブは少しシャリシャリしてました。
ファスナー開けてたからだと思います。
でもこの位の気温が限界なんだろうな。

ここで紅茶ラテを入れて飲みました。
山専ボトルのお湯はまだ熱々でした。
熱くて飲めないほどに。
あっ、余りノンビリ休憩もしていられない。
時間と膝痛が。


鹿くんも歓迎してくれてます。
画像


皆さん鹿くん撮ってますね~。
画像



PM3:15 それでは下山です!
あと3秒遅く撮れば151515だったな~。
画像


気合入れて、頑張って、我慢して下山だ~!
気合だ、気合だ、気合だ~。
画像


PM3:27 金冷しの分岐に到着。
痛さが激しくなってきてる。
激痛。
画像


ジャンプ台みたいで格好いい~。
と気分を紛らわしたりして。
画像


PM3:39 花立山荘に到着です。
どんどん下山します。
よろよろと足を少し引きずりながら。
画像


雪がなく本当なら歩きやすいんだけど、
階段の衝撃が膝に厳しい・・・。
登りは問題ないけど。
ここでたまらずチャーンスパイクを外しました。
この先多分アイスバーンがあるだろうなとは思いつつも。
もう膝が完全に悲鳴を上げちゃってます。
うずくまりたくなるほどの痛みになってきちゃいました。
本当にヤバイです。
心の中ではかなり焦ってました。
画像


PM4:16 二俣への分岐。
人は全然いません。
塔ノ岳頂上から大蔵まで10人程度でしょうか。
この時間だものな。
自分の歩きを見た人は「相当へばってるなコイツ」と
思ったでしょうね・・・。
痛みでヘロヘロだったんですよ~。
画像


PM4:13、堀山の家に到着!
限界に近い・・・。
泊まっちゃおうか・・・とも思いました。
下山します!
画像


凍ってますね。
アイゼン付けてないから滑ります・・・。
画像


PM4:32、駒込茶屋まで来ました。
画像



この後結構アイスバーンがありました。
今の自分は踏ん張れません。
この先で思いっきりコケました・・・。
右手でついたら今度は右手に激痛が・・・。
異常に痛かった・・・。
実はブログを書いている今も右手首痛いんです。
そして両膝も。
今回かなりヤバイですね・・・。


PM5:03 やっと見晴茶屋まで来ました。
もう直ぐ陽が沈むな。
陽がのびてて良かった。
画像


PM5:06 大倉高原山の家との分岐に来ました。
先週は大倉高原山の家側を歩いたので、
せっかくなので通ってない方の左の道に進みます!
いぇ、実はこっちのが多少早いと思っただけです・・・。
でも道標にはどちらも同じと書かれてます・・・。
画像


PM5:17 合流まで来ました。
大倉高原山の家側の道の方が歩きやすかったかも。
失敗・・・。
あっ、後1秒遅く撮れば171717だったのに~。
そんな事言ってる場合じゃありません。
画像


石畳がまた膝には辛い・・・。
それと右手首が痛い・・・。
ボロボロ・・・。
画像


日帰り天然温泉だそうです!
温泉に今直ぐにでも入って怪我を癒したい。
画像


PM5:47 大倉バス停に到着。
陽は陰ってます。
何とか下山完了しました~!
「良く頑張った!」、「また山においでよ!」。
本当良く頑張ったな~。
今までで一番辛い登山でした。
でも今まで辛い登山なんて無かったな~。

今回もバスが停まっていて発車時刻を見たらPM5:48.。
飛び乗っちゃいました。
靴も洗わず、スパッツも外さず、
トレッキングポールもたたまず。
画像



両膝も右手首も、実は今でも痛いです。
普通に歩くのがちょっと辛い。
手首は動かすと痛い程度です。

整形外科行った方がいいのかな・・・。
暫く様子を見ます。


お疲れさまでした~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 36

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年02月22日 09:15
富士山も、雪化粧も良い感じですね。
ゴールの温泉が気になります…。

膝の痛みはいかがでしょうか?
お大事になさってくださいね。
2012年02月22日 10:09
こんにちは

かなりの頑張りでしたね
無理して大怪我になっては
元も子もないから
気を付けましょう
私も両膝靭帯に爆弾持ってますので
上りは良いんだけど
下りがいつも怖いです
2012年02月23日 00:00
タナカ*フェさん、
コメントありがとうございます。

温泉やっぱり気になりますよね!
入りたかったです。

膝はまだ痛みますけど、
かなり治まりました。
ただ膝は一度壊すと
治らないと聞くので
ちょっと心配です・・・。

でも治しちゃいます!
2012年02月23日 00:11
無門さん、こんばんは!

大怪我怖いですね。
やっぱり低山とはいっても、
体調や怪我には注意して
行動しないといけませんね。

無門さんは両膝の靭帯を
痛められてるのですか。
辛いですね・・・。

膝の故障はやっぱり
くだりが厳しいんですね。
自分も登りはそれ程痛みは
ありませんでした。
2012年02月23日 08:02
おはようございます。
ずいぶん頑張られたようですね。
天気も良く景観を楽しまれたようですし何よりです。
しかし、膝の痛みと手首の怪我と大変だったようですが、早く回復すると良いですね、ご自愛下さい。
2012年02月23日 22:23
MORINOBUNAさん、こんばんは。
ご心配ありがとうございます。

膝と手首を痛めたのが辛い山行になりましたが、
雪の丹沢凄い気に入ってしまいました。
体調や怪我に気を付け、これからも
丹沢を楽しんでみたいと思います!

この記事へのトラックバック