北ア縦走(大天井岳、西岳、槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳)8月7日~8月10日【ソロテント】 Part9

画像

Part8からまだまだ続きます。
Part9では3日目の朝からとなります。
槍ヶ岳山荘のテン場で朝を迎えました。
槍ヶ岳の肩での一晩は格別な一夜となりました。
風は強いけど星空は最高に綺麗。
そしてこの日も夜露の全く無い一夜でした。
夜露が無いのは何が良いかというと、
テントの撤収が大変楽なんです。
乾拭きの必要なし、それと湿気てないので重くない。
槍ヶ岳最高!(たまたまこの時はかもしれませんが)
それではPart9です。


カラフルなテントの群れと眺望最高なテン場。
画像


目前には大喰岳(おおばみだけ)と左には雲海。
画像


今回も綺麗に撤収出来たと思います。
お世話になりました!
画像


槍ヶ岳に登ってる人が見えますね~。
画像


この景色も好きです。
下には殺生ヒュッテとヒュッテ大槍
画像


この日のルートは起きてから決めようと思ってました。
そのまま上高地方面へくだるか、
それとも天狗原氷河公園を経由して、
上高地方面へくだるか。
天気も良いし体調も良いし、
体力残ってるし。
南岳を目指し天狗原氷河公園を経由して、
上高地方面へくだる事にしました。
宿泊は徳沢園かな~、などと思いながら。
画像


AM6:37 槍ヶ岳山荘を出発します!
朝食食べたり、お茶したり、眺望を楽しんだりして、
結構遅くなっちゃいました・・・。
もっと早くに発つ予定だったんですけど。
画像


それでは行っちゃいましょう!
先ずは一旦ちょっとくだります。
画像


飛騨乗越(ひだのっこし)。
先ずは直ぐに新穂高への分岐に来ました。
ここでもまだ標高3020mあるそうです。
新穂高方面からあがって来る人達とすれ違ったり、
くだって行く人達がいます。
新穂高方面も今度歩いてみたい!
画像


飛騨乗越からのぼりです。
風が物凄く強かったんです。
かなり強い・・・。
ビュービューでした。
画像


雪渓の先に殺生ヒュッテが見えます。
画像


振り返ると槍ヶ岳山荘とその先には槍ヶ岳!
画像


AM7:07 大喰岳(おおばみだけ)山頂に登頂!
標高3,101m。
槍ヶ岳山荘から約30分ほどでした。
山頂にいたお二人と少しお話しをし、
お互い写真を撮ってもらい、先へ進みます。
画像


ここの山頂も景色いいですよ~!
常念岳と雲海。
画像


更に進む事に。
ちょっと険しい。
画像


そして気持ちの良い稜線を歩きます。
稜線フェチな自分です。
画像


ここからズームで撮ったヒュッテ大槍。
画像


先にお二人が歩かれてますが、
この先に進んで行きます。
この写真ではわかりにくいかな・・・。
人が少なくて貸切状態の山ですね。
画像


またまたのぼり。
画像


ここ結構険しかったです。
でも梯子があるので楽チン。
画像


更に梯子。
画像


そして鎖。
画像


AM7:47 中岳。
ここは山頂ではありません、
もうちょっと先です。
画像


AM7:49 中岳山頂に登頂!
標高3,084m。
大喰岳から約45分ほどでした。
ここでソロの男性の方にお会いしました。
大キレットに行かれるそうです。
今回で2度目だそうです。
大キレット歩いてみたい!
画像



更に進んで!
ここには水場があります。
水は充分あるので給水なし。
昨日、槍ヶ岳山荘で500mlの天然水ボトルを2本購入し、
ハイドレーションに入れてきました。
それと沸かした水を山専ボトル800にタップリと入れてきました!
昨日、水切れで辛い思いをしたので万全に。
画像


更にこんな稜線を進みます!
画像


振り返って~。
画像


良い景色だ~。
画像


ちょっと険しい道。
画像


ちょっと険しい感じ伝わるでしょうか?
画像


AM8:45 天狗原と南岳への分岐まで来ました。
南岳まで行ってみたい。
画像


南岳まで行ってみたいので更に進む事にしました。
南岳をピストンして天狗原に向かおうと思います。
この先のところでザックを降ろしちょっと休憩しました。
何人かの方が休憩してましたが、
皆大キレットを歩くそうです。
行きたい・・・。
画像


AM9:14 南岳山頂に登頂!
標高3,032.68m。
ここに居た方とお互い写真を撮ってもらう事に。
そしてちょっとお話していたら、
南岳小屋の先に展望だがあるので、
折角だからそこまで歩いてみたらと。
そこまで行っちゃいました。
暫くお話し一緒に歩いてました。
名古屋から来られた方で、
大キレットは今回初だそうです。
お気を付けて楽しまれてください!
天気最高だしきっと楽しまれたと思います。
画像


南岳小屋に到着!
画像


ここからも新穂高温泉に行けます。
そして勿論大キレットを通り北穂高岳へも。
ここにザックをデポし展望台まであるいてみました。
画像


獅子鼻方面へ。
テン泊装備でなければ大キレットに絶対に行っていた。
画像


獅子鼻、南岳の端っこ大キレット展望台です。
画像


大キレットが見える!
その先に北穂高小屋が見えます。
あ~歩いてみたい!
でも、またの機会に。
必ず!
画像



お疲れ様でした!
Part9はここまでです。
Part10も宜しくお願い致します。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年08月22日 10:33
こんにちは

真夏の空中散歩
山の稜線には
氣が満ち溢れているようだ
しげ
2012年08月22日 13:11
こんにちは。
どの写真も素晴らしい!
これから槍ヶ岳目指して行ってきます。
貴重な情報ありがとうございました。

2012年08月22日 22:49
無門さん、こんばんは。

3000mを超える標高は、
空気が薄くちょっと辛い筈なんですが、
確かにエネルギーが満ち溢れてるのかも
しれませんね。
空気が澄んで景色もハッキリです!

2012年08月22日 22:50
しげさん、こんばんは!
そして、行ってらっしゃいませ!

暫く天気も良さそうですね。
槍ヶ岳登山、お気を付けて
楽しんでこられてください!

レポ楽しみにしております!


この記事へのトラックバック