行者小屋テント泊(阿弥陀岳、中岳、赤岳) 8月25日、8月26日【ソロテント泊13回目】 Part3

画像

行者小屋テント泊。
Part2から続きます。
Part3では阿弥陀岳の山頂で満喫(仮眠?)後、
中岳のコルまで戻り中岳、そして文三郎尾根から
行者小屋へくだるか、余裕があれば八ヶ岳最高峰の
赤岳山頂を目指し、地蔵尾根から下山しようかと思います。
ちょっと仮眠しただけでこんなに
エネルギーチャージできるとは。
休養&睡眠は大切です!
それではPart3です。


PM1:26 体調バッチリ阿弥陀岳山頂から下山!
画像


赤岳までの尾根が格好いい!
メチャメチャ小さくですが、尾根伝いを歩く人達が
写っているのがわかるでしょうか?
画像



やっぱりくだりの方が更に急に感じます。
でも怖さはありませんね。
でも結構急だな~。
地面がもろい感じなので落石させないように。
それと転ばないように慎重に。
画像


眺望最高!
目の前の尾根を登って行くんです。
画像


PM1:50 中岳のコルまで戻ってきました。
画像


先ずはこんな樹林の尾根を進みます。
藪状態・・・。
画像


阿弥陀岳を振り返って!
画像


中岳山頂!
どんどん進んじゃいます!
画像


鎖場ですがそれほど険しくはないです。
画像


「ガレたジグザグの斜面」。
と山と高原の地図に記載されてます。
画像


一旦、くだりきってまた登ります。
ここもコルって言わないのかな・・・。
因みにコルとは「山頂と山頂を結ぶ稜線上で
最も標高が低くなっている場所のこと」
だそうです。
画像


このまま転げ落ちれば行者小屋にあっという間に着きそう。
画像


ここから登りでまたまた
ちょっとゼーゼー、ハーハー。
画像


文三郎尾根分岐まで来ました。
ちょっと腰を掛けて休憩。
くだるか赤岳山頂を目指すか・・・。
赤岳まで縦走しちゃうことにしました。
画像


ここからのルートを歩くのは今回で3度目ですが、
過去2回とは逆ルートとなります。
画像


キレット分岐まできました。
権現岳へ向かうキレットのルートは、
かなり険しいみたいです。
今度ちょっと歩いてみたい気持ちもあります。
画像


ここから赤岳山頂までがちょっと険しいんです。
一昨年、初めてここをくだった時、
一度前向きで転んでしまいました・・・。
危険すぎる・・・。
慎重に。
画像


この辺りで酸素缶で吸引し休憩している方がいました。
ちょっと話をしたらお仲間が2人先行しており、
赤岳に登頂したら赤岳山荘までくだるそうです。
体力&時間的に大丈夫なんでしょうか・・・。
山頂まではあと少しですが、
もう14時半を過ぎてます。
画像


梯子です。
ここで先ほどの方のお仲間2人がおりてこられました。
「今回は諦めて一緒にくだろう」と説得されてました。
今回は残念だけど山は逃げませんから!
画像


更に登って~!
画像


PM14:52 八ヶ岳最高峰の赤岳山頂に登頂!
標高2、899m。
ここで先ほどの酸素缶を吸引されていた方が登ってこられました。
「せっかくなので登ってきました!」との事。
お疲れ様でした!
その方のiphoneで記念の写真を撮りお別れしましたが、
赤岳山荘には何時頃着いたのでしょうか。
18時頃に着いたかな・・・。
よし、出発。
自分は地蔵尾根方面へ。
画像


直ぐに赤岳頂上山荘へ。
どんどん進みます!
画像


赤岳北峰。
画像


県界尾根側は完全にガスってしまいました。
尾根を境に全く違った景色に。
画像


進みます!
画像


ガスガス。
画像


ガスで真っ二つの景色。
画像


赤岳展望荘まで来ました。
画像


お地蔵さんが。
ここが地蔵ノ頭です。
画像


地蔵ノ頭に到着した時間はPM3:23。
さっさとくだろう。
画像


地蔵尾根も結構険しいです。
画像


前に来た時からかなり整備されていました。
画像


横岳方面を観ながら。
画像


しっかり整備されています。
でも、ちょっと雰囲気としては・・・。
画像


厳しい自然が伺えます。
画像


最後は樹林の中を通り。
画像


PM4:00 16時ジャストに行者小屋まで戻ってきました!
疲れた~。
早速、生ビール飲もう。
画像



Part3はここまでです。
お疲れ様でした~。
Part4では夕食からとなります。
それではPart4も宜しくお願いします!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2012年08月29日 10:37
こんにちは

酸素缶の人
山登りは無理は禁物だよね
団体の場合一番遅い人に
ペースを合わせるんじゃなかったかな
山は逃げない・・・
まさにその通りですね
楽しまなくっちゃ
2012年08月30日 00:31
無門さん、こんばんは!

山登りは無理は禁物。
山は逃げない。

実は自分自身に一番言い聞かせないと
いけない言葉だったりします。
反省。

なので改めて自分に言い聞かせようと思います。
そして安全に楽しむですね!

この記事へのトラックバック