『氷壁』 井上 靖 著

画像

井上靖氏著の山岳小説『氷壁』。
今日、読み終えました!
この小説も山岳小説です。
ハッキリ言って素晴らしい小説でした。
登山を始めて上高地や穂高にも行った事があるので、
読んでてイメージもリアルに浮かび、
どんどん引き込まれていく自分がいました。

時代設定が結構昔で言葉なども昔の言葉ですが、
またその感じもたまらない感じでした。

井上靖氏の言葉の使いまわしというか、
柔らかい表現というのでしょうか、
クドイ感じが無くとても読みやすく、
すっかりハマッてしまいました。

井上靖氏の小説もっと読んでみたくなりました。

内容は・・・。
ここでは書きません。

登山をやらない方もオススメです!
そして上高地や穂高に行った事があるかたなら、
尚更オススメです!

そうそう既に次の本を読み出してます。
沢木 耕太郎氏 著の『凍』。


読書の秋はまだまだ続きます!


あっ、それより青年小屋テント泊のPart2を早く書かないと・・・。



氷壁改版 [ 井上靖 ]
楽天ブックス
新潮文庫 井上靖 新潮社発行年月:2002年06月 ページ数:633p サイズ:文庫 ISBN:97





凍 [ 沢木耕太郎 ]
楽天ブックス
新潮文庫 沢木耕太郎 新潮社発行年月:2008年11月 ページ数:366p サイズ:文庫 ISBN:



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック