冬の八ヶ岳 硫黄岳登頂(赤岳鉱泉 小屋泊) 1月12日(土)、1月13日(日) 備忘録

今回はしっかり忘れないうちに備忘録を残しておこうと思います。
一応、前回もギリギリ忘れないうちにアップしましたが。
記録を残しておいて検証する事は必要ですよね。
1/17に追記してみました。


今回の硫黄岳登山での装備です。
☆は今回初使用です。
-----------------------------------------------------------------
装備
 ザック    :ブルーアイス 30L
 靴      :スカルパ シャルモGTX
 ウェアー   :アウターシェル
           マウンテンハードウェア   ケプラージャケット
           バーグハウス        オーバートラウザース
         ミドルレイヤー
           ホグロフス   マイクロフリース(電車移動で使用)
           パタゴニア   ナノ・パフ・プルオーバー(小屋でのみ使用)
         ベースレイヤー
           モンベル     ジオライン L.W.ラウンドネックシャツ
           パタゴニア    キャプリーン3・ミッドウェイト・ジップネック
           ファイントラック フラッドラッシュ アクティブスキン
           モンベル     ジオラインM.W.タイツ
           フェニックス   タイツ(発熱するやつみたいです)
         パンツ
           ファイントラック ストームゴージュアルパインパンツ
         靴下:
           スマートウール  マウンテニアリング
         帽子
           パタゴニア    スローチャー・ビーニー
                      (硫黄岳登頂時は使用せず)
         バラクラバ 
           ブラックダイヤモンド(☆)
         グローブ
           ミズノ      ブレスサーモ・インナーニットグラブ
           ラックナーウール ヒマラヤングラブ
           イスカ      ウェザ-テック オ-バ-ミトン
         ゲーター
           イスカ  ゴアテックス ロングゲイタ-
 ピッケル  :グリベル エアーテック・エヴォリューション
 アイゼン  :グリベル エアーテック・ニューマチック
         モンベル チェーンスパイク(ケース紛失)
 サングラス :スワンズ サングラス エアレスリーフ(紛失)
 ゴーグル  :スワンズ
 カメラ    :パナソニック LUMIX DMC-FT3
 水筒     :サーモス 山専ボトル FEK-800
 ヘッドライト :ブラックダイヤモンド スポット(登山中は使用せず)
 携帯     :DocomoとSoftbank一台ずつ
 腕時計    :タイメックス アイアンマン
 その他    :地図、コンパス、温度計、小間物一式、
          食料、予備食などなど
         予備の手袋や靴下
         などなどその他多数


持って行ったけど使わなかった物
 パタゴニア   ネックゲーター
 パタゴニア   フーディニフルZIP
 I-O DATA  GPSロガー  旅レコ
           (スイッチ入れ忘れ 使用せず)

あえて持って行かなかった物
 ブラックダイヤモンド  トッレキングポール トレイルコンパクト
 ワコール CW-X レボリューション
 ハイドレーション  ハイドラフォーム レザヴォア
 バーナー、クッカー類

持って行くのを忘れたもの
 温度計(今回も・・・)
-----------------------------------------------------------------


考察(相変わらず考察というほどではありません・・・)
  ピッケル
    もう少し短いか、逆にもっと長い方が良いかも。
    中途半端だったかな。
    因みに長さは58cm。
    でも、まだ良くわかってないです。
    ネットでピッケルの長さの話を持ち出すと炎上するとの噂も。
    このピッケル自体は凄い気に入ってます!
    色も形も重さも。

  アイゼン
    今回もエアーテック・ニューマチックはメチャ快適でした。
    夏山の時よりアイゼン歩行のが快適なくらいです。
    そしてチェーンスパイクもアプローチ用には最適。
    赤岳鉱泉までのアプローチには必須に感じます。

  ジャケット
    ケプラージャケットはドライQエリートという、
    マウンテンハードウェアの独自素材です。
    一応、メーカー側でははゴアテックスよりも
    透湿性が優れているとの売りのようです。
    そして柔らかい。
    確かに赤岳の時に使用したレインシャドーは内側が
    ベタベタになりましたが、今回全く問題ありませんでした。
    全然快適でした!
    (レインシャドーはゴアではなくパタゴニア独自素材のH2No)
    ただちょっと重く嵩張ります。
    丈夫さはゴアに比べどうなんでしょうか。  
    この辺り含め別途レビューしたいと思います。

  ゲーター
    やっぱりイスカのゲーターはちょっと不満ありです。
    マジックテープとファスナーの2つなんですが、
    ファスナーが面倒くさい・・・。

  グローブの組み合わせ
    この組み合わせで全く問題ないです。
    これからもこれで行こうと思います。

  バラクラバ
    やはり事前に調べていた通り目の部分にただの楕円形の穴が
    空いているタイプより、顔の部分が上と下の布で被せてある
    タイプの方がいいんだろうなと感じました。
    因みに僕のはただの楕円形の穴です。

  靴下
    マウンテニアリング、これ良いです!
    お気に入りになりました。
    勿論、冬山での使用で。

  登山靴
    今回はシャルモでもつま先が冷たく感じず全く問題ありませんでした。
    当面はこれで行けそう。
    但し、今回は前回の北横岳の山頂時に比べ全然暖かかったので・・・。
    やっぱり冬靴が欲しい。

  カメラ
    FT3は今回調子良かったです。
    寒さに耐えてました。
    ただ、前回よりも寒くなかったので。
    やっぱり一眼で撮りたいです。
    でも、一眼の大きさや重さは状況的にやはり厳しいです。

  携帯
    ザックのショルダーベルトにホルダーで付けるのはやめてザックの中へ。
    今回は対策グッズを導入。
    100均で買った保温アルミシートで包みザックの雨蓋へ。
    効果はどうなんでしょう。
    開けてみたら携帯は既にかなり冷たかったし。
    でも、剥き出しよりは絶対効果があると思います。


ウェアリング
  赤岳鉱泉から硫黄岳への登頂時
    上
      ジオライン L.W.ラウンドネックシャツ、
      キャプリーン3・ミッドウェイト・ジップネック、
      ケプラージャケットでした。
      この組み合わせで脇の下のベンチレーションを開けたり、
      閉めたりで快適でした。
      ただ、ベンチレーションの止水ファスナーの操作性がイマイチです。
      固い・・・。
      それとキャプリーン3ではなく2でも良いかも。
    下
      ジオラインM.W.タイツ、
      タイツ(発熱するやつみたいです)、
      ストームゴージュアルパインパンツ、
      オーバートラウザース。
      小屋から出発前にストームゴージュアルパインパンツ
      は履くのをやめようか迷ったんですが、
      履かないのが正解だったかも。
      暑くもなく寒くもなくいい感じだったんですがモコモコでした。


う~ん、まだまだ検討の余地が沢山あります。
ハッキリ言ってウェアは持って行き過ぎでした。


備忘録でした~!


ご要望がありましたので以下の項目を追加しました。  1/17追記
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日程:2013年01月12日(土) ~ 2013年01月13日(日)
宿泊:赤岳鉱泉 小屋泊
天候:快晴 硫黄岳山頂は風強し その他はほぼ無風


利用交通機関:電車&バス

アクセス:自宅最寄り駅→八王子
      八王子(スーパーあずさ1号)→茅野駅 1時間39分
      茅野駅(美濃戸口線バス)→美濃戸口 約40分



登山口の情報:バスは臨時で1台増発され2台での運行でした
          この日は3連休初日という事もあり
          10時過ぎの時間で既に駐車場は
          結構込んでました

山小屋の状況:半端なく混んでました
          歓談室なども布団が敷かれている程
          食事は3回以上入れ替えが行われていた模様
          この日寝た大部屋は通路も無いほど布団がビッシリ敷かれ
          夜中や朝方トイレに向かう人に何度も踏まれる事に・・・

          食事は夕食、朝食とも小屋での食事で、
          味&量ともに満足です
          食事は山小屋でとは思えないほどの内容と味でした

          スタッフの方の対応も文句無し

          朝のトレイは大渋滞です

携帯電話の電波状況:Softbank  どこでも不通
              docomo   小屋の中は一部繋がる所あり
                      硫黄岳は繋がる場所多し
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

以上です!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年01月17日 06:38
いいですね~♪、装備の生の情報!
こういう備忘録は後につづく岳人にすごく参考になります。
私も、山旅の前には先人の山行紀を参考にさせていただき計画をたてています。

この外に欲しい情報は

1、家からのアクセス情報(時間・高速料金)
2、登山口の情報(駐車場スペース)
3、山小屋情報(混雑度・ホスピタリティ)
4、食情報(自炊のメニュー・山小屋のメニュー)
5、携帯電波情報

すいません勝手にリクエストして(笑い!)
清兵衛も反省しています。
もっと早く気がつけば良かったと
記録って大切です。
こうした記録がしっかりしたブログだったら大入り間違いなしです。
2013年01月17日 23:09
清兵衛さん、こんばんは。
ご要望の項目を簡単ですが追記してみました。
ご参考になれば幸いです。
2013年01月18日 08:34
早速のリクエストありがとうございます。
本当に知りたい情報が詰まっています。
これこそ、岳人が参考にしたいWEBサイトです。
特に冬山の八ヶ岳は大勢の登山者がきます。
歓談室まで布団がひかれているとか・・・・
素晴らしい生の情報です。
ありがとうございます。
私も見習らわさせていただきます。
2013年01月19日 00:18
清兵衛さん、こんばんは。
ありがとうございます。

登山はまだまだ経験が浅く、
特に冬山に関しては超が付く
初心者です。
なので山Blogに関しては、
初心者目線の生情報として、
お楽しみください。

山や小屋の評価なども、
独断と偏見もあるかと思います。
でも参考にして頂け、
楽しんで頂ければ幸いです!
2013年01月20日 23:37
靴下が快適なようですね。あとチェーンスパイクが気になりました。八ヶ岳みたいな山では、アプローチが快適そう♪服部文祥が夏でも沢靴に付ける為に持って行っているようだし。“買い”かも知れませんね~♪
2013年01月21日 22:21
やまやさん、こんばんは。

マウンテニアリングは履き心地も良く、
暖かで快適でした。
ただ耐久性は無さそうな気がします。
2回履いただけですがもうテロ~ンとしてます(笑)。
チェーンスパイクは本当オススメです!

これからもアドバイス宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック