冬の八ヶ岳 硫黄岳登頂(赤岳鉱泉 小屋泊) 1月12日(土)、1月13日(日) Part2

冬の八ヶ岳 硫黄岳登頂Part2です。
今回はPart1に続きサクッと一日で
書き上げてしまおうと思います!
残念ながら写真を何時もの様に
沢山撮ることができませんでした。
冬山登山では厳しいですね。
でも今回も山歩きの内容は盛り沢山の
充実したものとなりました。
ご一緒してくださった皆様、
本当にありがとうございました!
それでは最終章のPart2です。


今回は朝食はお弁当にしてもらわず、
小屋での朝食にしました。
やはり小屋での朝食は充実してますね。

AM7:00に待ち合わせだったのですが、
ちょっと(かなり)遅刻してしまいました・・・。
申し訳ありません。
皆さん完全武装です。
今回は僕もしっかりした装備です。
(前回はOさんにピッケルをお借りしてましたし)
写真は左からOさん、Dさん、Tさん。
画像


先ずはSさん先導のもと6人のパーティーで進みます。
最後尾は一番のエキスパートのIさんです。


赤岳、中岳、阿弥陀岳も綺麗に観えます。
無風、快晴、そして暖か。
汗をかかない様にレイヤリングに注意します。
そしてまた一つ勉強になった事。
Sさんの先導ですがとてもゆっくりしたペースです。
汗をかかないようなペース。
勉強になります。
すれ違う時の譲り方なども改めて。
マナーも皆さん凄いです。
画像


硫黄岳頂上付近が観えてきました!
意外に山頂付近は雪が少ないですね。
風で吹き飛ばされてしまうんでしょうね。
冬の硫黄岳山頂は常に風が強いはずです。
画像


非常にゆっくりとしたペースで赤岩の頭まで来ました。
ここからの眺望最高です。
幸いココは無風でした。
ここに来る手前のちょっと外れたルートが、
以前雪崩により残念ながら数名が亡くなれたとの事です。
慎重に!
画像


赤岩の頭から観る、硫黄岳山頂付近。
夏山とは違ってまたいい景色だ~。
画像


反対側の峰の松目方向。
こちらの眺望も最高です。
北アも良く観えました。
画像


暫く山専ボトルに入れてきたお湯をのんだりして休憩です。
ここに来る途中までゴーグルしてきたんですが、
その途中まではオデコにかけてました。
そうしたら凄い結露で曇ってしまっていて、
拭いても直ぐに曇ってしまいます。
2重レンズの中にも結露が・・・。
仕方なくサングラスに変えました。
その事がその後・・・。
休憩した後硫黄岳山頂を目指し出発です。
ココから観ると風は全く無さそうですが、
きっと結構強い風が吹いているはずです。
写真は左からSさん、Dさん、Oさん、Iさん。
画像


ここかえらは今回のパーティー1番のエキスパート、
Iさんが先頭になり最後尾はSさんに入れ替わりました。
赤岩の頭から歩き出して直ぐに風が強くなりました。
休憩中、また素手になってしまい指先が痺れる事に・・・。
学んでないです・・・。
それともう一つ。
サングラスに変えたんですがバラクラバを被っている外にしたため、
風で直ぐにサングラスがズレてしまいます。
(耳に引っ掛からないので)
何度も直したんですが面倒になり外してしまいました。
メガネバンドを付けていたんですが、
この風で気付かないうちに吹き飛ばされてました・・・。
あ~、またサングラスを無くしてしまった。
元々外れやすいバンドだったんで近く新しいのを
買おうかと思っていたんですが・・・。
画像


途中、結構強い風に煽られながら硫黄岳山頂へ!
後からIさんが仰るには大体風速15mくらいでしょうとの事でした。
個人的にはこの程度の風は何ともありませんでした。
以前、富士山とかで風速40mや30mとかを経験してしまったからかもです。
それでも慎重に!
今回のルートで一番注意しなければいけないのは、
山頂直前のルートですね。
怖い感じは全くありませんが滑ったら大変です。
画像


眺望最高だ~!
でも、寒い・・・。
ジッとしていると凄く寒いです・・・。
画像


アメダスロボット雨量計跡。
画像


硫黄岳山頂は中央にあるので先へ進みます。
硫黄岳山頂は今回で3度目です。
快晴無風の9月の時が一度目。
霧の6月の時が二度目。
そして冬の今回が三度目。
毎回、全く様相が違いますね。
寒い・・・。
画像


硫黄岳山頂!
山頂にはほんの少しの滞在で下山する事に。
だって寒いんですよ~。
丁度この時落ちていた携帯電話を拾った方が、
落とし主を探していました。
折りたたみ式の確か色はブラウンの携帯だったと思います。
近くには落とし主は居なかったようですが、
落とし主さんに無事戻ると良いんですが。
画像



そして再び赤岩の頭。
ここは先程と同じく無風で快適でした。
またここで暫しノンビリ。
その後サクッと下山です。
画像



赤岳鉱泉まで無事に戻ってきました!
Oさん達はテント撤収があるので、
小屋泊のDさん、Tさんと僕達3人は、
赤岳鉱泉の中で待機することにしました。
僕はお腹が減ったので牛丼を。
この牛丼はボリュームあり美味しかった~。
見た目はイマイチかも・・・。
画像



Oさん達が撤収完了し声を掛けて頂き下山へ。
僕は12本爪アイゼンからチェーンスパイクへ。
Oさん、Sさん、Iさんはアイゼンを外しての下山です。
やっぱり結構滑ってました。
チェーンスパイク快適ですよ!
画像

画像


振り返っての眺望!
いい景色。
また来ま~す。
画像


アイゼン外した方達は慎重に。
画像


カモシカ発見!
冬山で見たのは初めてです。
カモシカの顔って何かお爺さんの顔みたいで
可愛いんですよね~。
画像



美濃戸山荘まで下山してきたところで、
Oさん、Sさん、Iさん、Tさんとお別れしました。
Oさん達はユックリ下山し美濃戸口からタクシーで
温泉に向かいノンビリ解散です。
Dさんと僕は14:45のバスに乗る為、
早足で下山する事にしました。

実はDさん今日お孫さんがお生まれになったんです!
硫黄岳からの下山中に知らせが入ったんです。
おめでとうございます!
Dさんはとても若いお爺さんなられちゃいました。
そんな事もあり速攻で帰宅する事になった
Dさんと一緒に下山する事にしました。

14:45のバスまでに時間は45分程度しかありません。
Oさん、Sさん、Iさん、Tさんとは固い握手でお別れです。
そしてここからダッシュです!


結構な早歩きで美濃戸口バス停に到着しました。
でも、かな~り早く下山し10分弱ほど余裕が。
ウェアを脱いだり片づけをしたりし乗車です。
バスは結構混んでました。
画像


茅野に着くとあずさ乗車まで少し時間があったので、
茅野の駅ビルで珈琲を飲みマッタリです。
そしてDさんとあずさに乗り帰宅の途へ。


今回も最高な冬山体験となりました。
改めましてDさん、Oさん、Iさん、Sさん、Tさん、
ありがとうございました。
また、機会がありましたら是非ご一緒させてください!
そしてDさん改めまして、おめでとうございます!

そうそうDさん今度、バス釣りご一緒しましょう!


最後に今回の硫黄岳山頂での記念の一枚!
あっ・・・、Iさんが写ってない・・・。
すみません・・・。
画像




冬山、八ヶ岳、山ノボラー最高!
お疲れ様でした~。



THERMOS(サーモス)ステンレスボトル800ml 山専ボトル
ラリーグラス楽天市場店
山での厳しい条件に対応した「山専ボトル」500ml。山のフィールドで要求される多くの条件を想定して作





[モンベル]チェーンスパイク
アートスポーツ・ODBOX
冬の低山や夏の雪渓歩行に最適な軽アイゼンです。ブーツの上から靴下を履くかのような感覚で簡単に装着がで



この記事へのコメント

topwater
2013年01月14日 21:04
お疲れ様でした。
天気良くて、最高じゃないですか。
稜線は、風が強くて寒そうですが、綺麗に撮れてますね!

サングラス多いですね?
次回の対策っすね。
やまや
2013年01月15日 00:02
お疲れ様でした♪
よい仲間が出来ましたね~♪今回も快晴で最高の山行ですね。ウェアは絞り込む事が出来ましたか?これからも、慎重に安全に頑張って下さいね~(^^)♪
やまや
2013年01月15日 00:28
再びおじゃまします♪手の防寒には気を付けて下さいね。冷えたまま・痛いままにしていて凍傷になり、指を切断するはめになってしまった人を知っています。
防寒対策は勿論ですが、どうしても指が痛くてヤバイなと感じた時、素手の指を口に入れるとすぐ暖まりますよ(笑)。一時的なものですが、意外に効きます♪変なアドバイスでごめんなさい(^^;。
はんあま
2013年01月15日 17:20
すごいですね!
前回の赤岳もそうですけど、雪の八ヶ岳も素敵すぎますね!!
でも自分には一生歩けないですよ、冬の八ヶ岳なんて。
hey-hey-yosさんの記録で歩いた気分にさせていただきました。
ありがとうございまーす!
2013年01月15日 20:11
topwaterさん、こんばんは。
毎回八ヶ岳天気最高です。
晴れ男かもしれません!
今回も一眼持ってくればと思うような景色でした。
でも一眼は厳しい・・・。
登山始めてこの4年でサングラスはかれこれ・・・。
マズイですね。
反省です。
2013年01月15日 20:18
やまやさん、こんばんは。
いつも的確なアドバイスありがとうございます。
感謝です!
ウェアリングは今回上は問題なかったかなと思います。
でも下はもっと少なくて良かったかもです。
後ほど備忘録でご報告を兼ね、
自分なりにも検証してみたいと思います。

指の防寒対策、目から鱗です!
ありがとうございます。

でも、そもそも素手になってはいけませんね。
反省点は多々あります。

これからもご指導宜しくお願い致します。
2013年01月15日 20:23
はんあまさん、こんばんは。
冬山に魅せられまくっちゃってます。
山頂に行かずとも快晴の冬山だけでも
満足しそうです。
小屋までのピストンならお子さんを
連れても全然問題ないと思いますよ!

あまり調子に乗らずこれからも雪山を
少しずつ楽しんで行ければと思ってます。
雪山最高です!
mini
2013年01月15日 22:57
初めまして。
私も雪山の魅力に取りつかれている一人です。
お互い気を付けて登りましょう。
hey-hey-yosさんの様子を見て、「チェーンスパイク買おう!」と思ってICIに行ったのですが、ありませんでした。そういえばモンベルの商品ですよね(笑)
2013年01月15日 23:16
miniさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

miniさんも雪山に魅せられてるのですね!
やっぱり魅せられちゃいますよね~。

チェーンスパイクはオススメです。
チェーンスパイクはモンベルでもOEMの
ようなので、他のメーカーでも扱って
いるようです。
好日山荘とかにも同じ様なのありましたよ。

これからも安全第一で雪山を楽しみましょう!
2013年01月21日 16:09
こんにちは
お疲れ様です(^-^)

冬山の写真は見ていると楽しいです。
実際に登るのは本当に大変そうですね。
ご無事の下山で良かったです。
(^-^)
2013年01月21日 22:13
まめたろうさん、こんばんは。

ありがとうございます!
登るのは全然大変じゃありませんでした。
幸い天候に恵まれたので快適でした。
ただ山頂はやっぱり風が強く寒かったです。

この記事へのトラックバック