冬の丹沢 表尾根縦走(日帰り) 2月23日(土) Part1

今年初の丹沢。
今シーズン6度目の雪山、
そして今年5度目の雪山です。
今回もソロではなく。
歩いたルートは表尾根縦走コース。
天気は快晴、曇り、ガスガス、降雪と、
山の天気の移り変わりを満喫できました。
風はほぼ無風状態。
気温は10数℃からマイナス5℃程度まで変化あり、
冬のお山を堪能してきました!
今回は一眼レフ(K-30)も持参。
やっぱり一眼いいな~。
丹沢、奥が深いです!
それではPart1です。


今回も表尾根縦走は、ヤビツ峠側から入り
大倉へのルートです。


今回のコース:
  富士見山荘前登山口~二ノ塔~三ノ塔~烏尾山~
  行者岳~政次郎ノ頭~新大日~木ノ又大日~
  塔ノ岳~金冷シノ頭~花立山荘~堀山~駒止茶屋~
  見晴茶屋~観音茶屋~大倉バス停

今回の装備:
  後日、備忘録にて

メンバー:
  2人

天候:
  晴れ、曇り、雪
  最低気温はマイナス5℃だったと思います

アクセス:
利用交通機関:電車&バス
           行き
            小田急線「秦野駅」から
            神奈中バス「ヤビツ峠行き」
           帰り
            大倉バス停から神奈中バス
            「渋沢駅北口行」
            「渋沢駅」から小田急線


秦野駅で待ち合わせをしてヤビツ峠行きのバスに乗車。
今回の同行者はS君。
最初は蓑毛からスタートを考えていて、
蓑毛行きのバスに乗る予定でしたが、
何故か来ませんでした。
見落としたかな・・・。
そんな筈はないと思うんですが。

なので少し後に発車のヤビツ峠行きのバスに。
乗車中蓑毛で降りるか終点のヤビツ峠まで行くか話し合った結果、
終点のヤビツ峠まで行く事にしました。
蓑毛で降りた人は2人くらいで皆さん終点まででした。
それと今回はヤビツ峠からのスタートにして結果大正解でした!
ちょっと今回のS君にトラブルが・・・。
理由は後ほど。

それと僕は相変わらずお腹の調子がイマイチな状態が続いてます。
なのでトイレの心配が・・・。
この心配は後々現実のものとなります。
かな~りヤバかったんです・・・。
あ~辛かった・・・。


終点でバスを降りるとヤビツ峠に!
トイレは水道の凍結の為使用禁止でした。
ここの前で準備しました。
快晴で結構暖かです。
一応、ハードシェルは着込んでみました。
画像


ここでノンビリ準備。
それと朝食!
今回もランチパック。
画像


AM:8:41 ヤビツ峠からスタートします。
ノンビリしていたらバスから降りた人達の中で、
一番最後のスタートになってしまいました。
なので誰もいなくなってしまいました。
画像


さぁ、こちらです。
1.5kmも国道を歩くとは知りませんでした。
画像


途中、鹿のファミリーが。
こちらをジッと見てます。
警戒してるのかな。
画像


AM9:03 富士見山荘前登山口に到着。
国道を約20分ほど歩いたでしょうか。
来るまでこんなに距離があるとは思っていませんでした。
ここのトイレも使用禁止になってました。
見た目は結構立派です。
ここから塔ノ岳まで6.2km。
因みにここが「表尾根0」です。
「冬山の遭難」「無謀はやめて」。
はぃ!
画像


「表尾根1」。
ここからアスファルトから山道に。
画像


暑くてハードシェルを脱ぎました。
上はジオライン L.W.ラウンドネックシャツと、
キャプリーン3・ミッドウェイト・ジップネックのみ。
これで丁度良く快適です。
AM9:20 再スタート。
画像


こんな雪道を歩き~。
画像


そしてこんな雪道を歩き~。
画像


ちょっと視界クッキリではありませんが、
大山も良く観えます。
画像


ここの道は地面も出ていなくいい感じ!
日差しが強い。
画像


AM10:08 二ノ塔(1,144m)へ到着!
「表尾根4」。
雪結構残ってます。
画像


踏まれていない場所でこんな感じです。
画像


AM10:15 山専ボトルのお湯を飲み休憩し再出発です。
画像


二ノ塔からはチェーンスパイクを装着。
今回もきっと良い仕事をしてくれるでしょう。
S君は4本爪アイゼン初投入。
画像


う~ん、いきなりドロドロ・・・。
画像


AM10:33 三ノ塔(1,205m)へ到着!
ここも360度ビューです。
残念ながら今回は伊豆方面や伊豆七島は見えません。
富士山も厳しい。
残念・・・。
画像


先に観える真ん中の辺りの頂上が塔ノ岳山頂です。
画像


大山の先っぽ。
画像


AM10:39 三ノ塔からの眺望を楽しんで再出発!
画像


次に目指すは先に見える烏尾山(からすおやま)。
三ノ塔からも烏尾山荘が観えます。
画像


三ノ塔から進むと直ぐにお地蔵さんが。
お守りください!
いつもお疲れ様です。
画像


お地蔵さんの目の前から結構激しくなっていきます。
だからお地蔵さんがあるのかな。
画像


鎖場も。
埋もれちゃってます。
でもチェーンスパイクはいつものように快適です!
画像


こんな尾根も通り。
やっぱりこのルート楽しいです。
S君は4本爪アイゼンの装着がイマイチ決まらずズレまくり。
キツク締めても強い力が加わると伸びてズレてしまう。
バンドがゴムなのは厳しいのかな。
僕のチェーンスパイクの方は全く問題なし。
画像


AM11:15 烏尾山山頂(1,136m)に到着!
S君はアイゼンのバンドに手こずりながらの到着です。
画像


この先には伊豆半島が!(観えた筈でした・・・)
大島も観える筈だったんですが。
この日は辛うじて海が観えるかな程度でした。
江ノ島は観えましたけど。
画像



とここまでがPart1となりま~す。
丹沢、表尾根縦走Part2へ続きます!



mont-bell(モンベル)チェーンスパイク【軽アイゼン】【アイゼン】
ラリーグラス楽天市場店
冬の低山や夏の雪渓歩行に最適な軽アイゼンです。ブーツの上から靴下を履くかのような感覚で簡単に装着がで





THERMOS(サーモス)ステンレスボトル800ml 山専ボトル
ラリーグラス楽天市場店
山での厳しい条件に対応した「山専ボトル」500ml。山のフィールドで要求される多くの条件を想定して作








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

topwater
2013年02月25日 08:49
おはようございます。

こちらのコース眺望も良くて、雪もたっぷり有って、楽しそうですね。
次回はこっちからの塔ノ岳を検討したいと思います。

今回、4種のランチパックお揃いでした!
お腹お大事に。
2013年02月26日 00:30
topwaterさん、こんばんは。

表尾根縦走コースオススメです!
三ノ塔側の方が雪も多く、
眺望もいいと思います。

ただ、topwaterさんは鎖場とか嫌いだったと思うので、
そこがちょっと気になります。
岩系も嫌いでしたよね・・・。

ランチパックお揃ですか~!

2013年02月26日 18:12
山の軽食に
ランチパック(山崎)
初めて知りました。
山グッズが楽しいですね
2013年02月26日 22:17
清兵衛さん、こんばんは。

ランチパックは個人的に、
山の定番になってます。
しかもランチというよりは、
モーニングとして(笑)。
軽いし食べ終わった後は袋だけだし、
種類も結構あるので重宝してます。
Muuu.b
2013年03月03日 16:40
はじめまして!
楽しく読ませていただきました。
モンベルのチェーンスパイク良さそうですね♪
6本爪アイゼン購入を検討していましたが、初心者ですし
体力的なことも考えてチェーンスパイクにしようと
思います!参考にさせていただきました!
ありがとうございました。
2013年03月03日 21:02
Muuu.bさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

楽しく読まれたとの事で、
大変光栄です!

チェーンスパイクが本当調子いいですよ!
但し、新雪とかベタベタの雪だと辛いです。
丹沢でも新雪直後でなかったり、
八ヶ岳でも小屋までのルートなら最適だと思います。

雪山歩き是非楽しまれてください!

この記事へのトラックバック

  • 冬の丹沢 表尾根縦走(日帰り) 2月23日(土) Part2

    Excerpt: 冬の丹沢、表尾根縦走記Part2です。 Part1では烏尾山山頂に到着したところまでなので、 そこからの続きとなります。 宜しくお願いします! Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-02-26 00:26
  • 今年も一年お疲れ様でした!

    Excerpt: 僕は何処かの占いだと今年はとても良い年だったようです。 実際は・・・。 多分、良い年だったのでしょう(笑)。 そして今年は更に更にお山に魅せられてしまった年でした。 年末に体調を崩していたのも.. Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-12-31 18:20