冬の丹沢 表尾根縦走(日帰り) 2月23日(土) Part2

冬の丹沢、表尾根縦走記Part2です。
Part1では烏尾山山頂に到着したところまでなので、
そこからの続きとなります。
宜しくお願いします!


実はここまでずっとお腹の調子が悪く、
この先がかな~り心配になってきました・・・。
登山でお腹の調子が悪いのは致命的です。
あいにくこのルートは小屋やトイレが殆どありません。
マズイ・・・。
どうしよう・・・。
でも大丈夫!
色々交差します。
(こんな話ばかりでスミマセン・・・)


そんな中でもS君とは冗談を言いつつ進みました。
気を紛らわしてるのもありますが(笑)。
笑ってる場合じゃなくなる事が無いよう祈ります。

それと山梨方面の雲行きがかなり怪しくなってきました。
鉛色の空です。
上空の雲の動きも早くなってきました。
「八ヶ岳や北アに行ってる人達は大丈夫かな」、
などとちょっと心配になりました・・・。


この時点では海側はまだ晴れの状態です。
でもイマイチスッキリした眺望ではありません。
反対側は鉛色・・・。
画像


塔ノ岳まで3.0km!
さぁ、気合入れていきましょう!
画像


先ずはこんな道から再スタート。
画像


休憩していたらちょっと冷えてしまったので、
パタゴニアのフーディニフルZIPを着ました。
さすがに停滞時にジオライン L.Wと、
キャプリーン3では寒い・・・。
フーディニフルZIPを羽織ったらイキナリ暖まりました。
ペラペラだけど蒸れないし防風するし性能いいんですよ!
お気に入りアイテムです。
画像


先ずは尾根歩き~。
画像

画像


イキナリ雪がなくなり、そして鎖場。
画像


AM11:47 行者岳に着きました~。
お腹は・・・。
S君は相変わらず4本爪アイゼンのバンドに悪戦苦闘。
バンドが伸びてアイゼンがズレてしまいます。
慣れない歩き方やアイゼンの不調で膝に変調をきたしだしたようです。
大丈夫かな・・・。
画像


雪の鎖場を歩き。
画像

画像

画像


途中パラグライダーが飛んでいるのを観て。
(小さくゴミみたいに写ってるのでわかるかな・・・)
8つは飛んでるのを見ました。
画像


そしてお馴染みこんな木道をのぼり。
あ~トイレに行きたくなってきた・・・。
ガマン、ガマン。
画像


PM0:13 政次郎ノ頭まで来ました!
ちょっとここで政次郎尾根分岐から、
大倉にくだろうか相談。
当初はここから大倉におりるのもありだなと計画していたんですが、
折角なのでS君に表尾根を歩かせてあげたく進む事に。
これが良かったのか、悪かったのか・・・。
画像


少し進んだベンチのあるところで昼食としました。
ここでランチしている方が結構いました。
バーナーで自炊している人たちも。
楽しいですよね。
僕らはサクッとランチにし進む事にしました。
冬山はうどんです!(勝手に決めてます)
なので今回の丹沢でもどん兵衛。
バーナーは使わず山専ボトルのお湯で!
食べたらお腹はどうなるのだろうかとの心配も。
画像


気温はマイナス3℃くらいでしょうか。
寒い・・・。
画像


そして再スタート!
画像


PM0:52 新大日茶屋まで来ました!
毎度の事ながら営業していません。
画像


いつも思うんですがこの辺りがこのルートで一番寒く感じます。
雪も多いです。
新大日(しんだいにち)は標高1,340m。
ここは寒いです。
画像


マジでお腹が・・・。
冷えたから更にでしょうか・・・。
画像


PM1:08 木ノ又小屋まで来ました!
ここはいつも営業しているので、
トイレを借りて暖かい飲み物を
頂こうと思ってたのですが。
営業していません・・・。
え~!
そんな~。
諦めてここからはダッシュです!
S君申し訳ないです。
画像


雪はいい感じだし歩きやすいんですが、
お腹がそれどころではない・・・。
段々無口になっていきました。
冷や汗も・・・。
画像


霧も濃くなってきて寒さも増して。
画像


途中、鹿くんファミリーがお食事中。
逃げないんです。
写真は撮れてませんがメチャ近付いても逃げてくれません。
全員皆こっちを睨んでます。
お願い通して!
お腹がヤバイ・・・。
ここで5分くらい立ち往生でした。
ガマンできず進んだら避けてくれました。
ありがとう、ごめんね。
画像


更に霧が。
視界が悪くなってきました。
お腹は限界が近付き冷や汗も・・・。
ダメかなとも思い始めました。
画像


などと弱気になり始めたところで!
塔ノ岳山頂が~!
尊仏山荘がかすかに見えました!
蜃気楼でない事を祈ります。
画像


やっぱり蜃気楼ではない!
ということで尊仏山荘のトイレに駆け込みました。
良かった間に合って。
本当、山小屋ってありがたいです。
それと尊仏山荘のトイレはメチャ綺麗です。
これも良かった!
汚いトイレには入れません・・・。
本物のアウトドア野郎にはなれない自分です・・・。
画像



色んな意味で何とか無事に塔ノ岳山頂に到着しました!
S君ご心配ありがとうございました。
因みに塔ノ岳山頂はガスガス状態。
眺望ゼロです。
残念・・・。


とここまででPart2はおしまいです!
Part3へ続きます!









サーモス(THERMOS)FEK-800 山専ボトル(800ml)
ムース楽天市場支店
山においては平地では考えられない厳しい条件が「魔法びん」にも求められます。秋山・冬山での保温力を優先



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年02月26日 18:16
お疲れ様でした。
近場の百名山でここは未だ未踏です。
多分晩秋でしょうが
参考にさせていただきます。
きつね呑兵衛も
2013年02月26日 22:21
清兵衛さん、コメントありがとうございます!

丹沢が近場でしたら是非行かれてみてください。
まだ、自分はメジャールートで、
しかも冬しか歩けてませんが。
本当に丹沢は奥が深いと思います。

お山にはうどん(どん兵衛)!
これも勝手に決めちゃってます(笑)。
2013年02月28日 20:03
私も汚いトイレは
ノーサンキューです(笑)
あと虫も…。
沢木耕太郎さんに憧れつつも、
真のバックパッカーには
なれませんでした。
2013年02月28日 23:57
タナカ*フェさん、こんばんは。

やっぱり絶対無理ですよね。
虫も。
でも、本当の自然はそれら全てなんですよね。
まだまだな自分です。

沢木耕太郎さんの小説、
改めて読んでみたくなりました!

この記事へのトラックバック

  • 冬の丹沢 表尾根縦走(日帰り) 2月23日(土) Part1

    Excerpt: 今年初の丹沢。 今シーズン6度目の雪山、 そして今年5度目の雪山です。 今回もソロではなく。 歩いたルートは表尾根縦走コース。 天気は快晴、曇り、ガスガス、降雪と、 山の天気の移り変わりを.. Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-02-26 00:26
  • 冬の丹沢 表尾根縦走(日帰り) 2月23日(土) Part3

    Excerpt: 冬の丹沢、表尾根縦走記Part3です。 Part2から続き今回のPart3で最終章です。 表尾根縦走コースちょっと長いけど、 とても楽しいコースです! それでは最終章Part3です。 Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-02-27 00:04