冬の八ヶ岳 天狗岳登頂(黒百合ヒュッテ小屋泊) 2月9日(土)、2月10日(日) Part2

画像

冬の八ヶ岳 天狗岳登頂Part1から続きPart2です。
今回はPart2で終結しようと思います!
冬山だと中々写真を沢山撮ることができません・・・。
八ヶ岳の冬山登山では厳しいです。
夏の時のように余り写真も撮れてないのでサックと!
なので冬山は記録に残すよりも、
記憶に残すという事にしたいと思います。
でもBlogにはしっかり記録を残しますよ~。
それでは最終章のPart2です。


前回ご報告しましたように今回はお腹の調子がずっと悪く、
実はこのBlogを書いている今もまだイマイチなんです・・・。
就寝してからも2度ほどトイレに行きました。
真っ暗な中満員の部屋の中での移動は気が引けるし、
寝ている人に迷惑掛けてしまいそうだし。
すみません・・・。
それと泊まった場所が最上階の屋根裏部屋で、
しかもよりによって一番奥の方なんです。
ちょっと辛かった・・・。
今回は中々寝付けませんでした。

何だかんだいって朝方には爆睡してました!
途中何度も目は覚めましたけど。
でも明け方速攻トイレに行きました。

AM5:30 予定していた時刻に起床です!
眠い・・・。
Dさんは既に起きられてました。
おはようございま~す!
正露丸助かりました。

朝食はお弁当を頼みたかったんですが、
無いようなので予め朝食をキャンセルしてます。
自炊ではなく軽くパンなどで食事を摂り出発です。
この時点ではまだお腹に不安があり少し迷いも。

標高が高く気圧が低いのでランチパックの袋がパンパン。
でも何故かそれぞれ膨らみ方が違う。
何故?
焙煎キーマカレーはパンパンに。
雪下キャベツメンチカツはペッタンコ。
パンクはしてない筈ですが。
お腹が心配なのでとりあえず雪下キャベツメンチカツの
一つだけを食べました。
それとスープを。
この時点でも自宅から入れてきた山専ボトルのお湯は熱々です!
画像


その後ゆっくり準備しトイレにもまた行っておいて出発です。
Dさんから正露丸を再び頂き飲みました。
助かります!
既に少しヘロヘロ状態です。

AM7:01 準備万端? 黒百合ヒュッテを出発です!
画像


晴れてる~!
ここからは山頂は見えませんが、
先には雲があり風も結構強そうです。
安全第一で!
画像


先ずはテン場を抜けて中山峠側のルートを行く事にしました。
画像


思いっ切りピンボケですが、
気温は大体マイナス17℃。
メチャ寒い筈ですがこのウェアリングでは快適でした。
全然問題ないです。
画像


手の防寒対策もバッチリ!
ウェアリングはいつもと同じ。
備忘録でまたアップします。
画像


先に見える尾根を登っていきます。
一列に登っている人達が見えますか?
画像


見辛いかもしれないので、アップでも撮っておきました。
画像


さっき見えてた尾根まで来ました。
風は結構強いです。
でも雪は締まっていて歩き易い。
画像


この先に見えるピークの更に先に東天狗の頂上が。
麓にあるしらびそ小屋側から見ると、
このピークが頂上に見えてしまうんです。
なので偽ピークですね。
画像


更に進んでいきます。
画像



AM8:02 東天狗岳山頂に到着です!!!
Dさんとハイタッチ!
黒百合ヒュッテから約1時間ほどでした。
残念ながらガスってます・・・。
お腹の状態も問題なく無事登頂です。
東天狗岳山頂はこれで4度目です。
冬は勿論初めてです。
画像



折角なので西天狗岳にも行ってみる事にしました。
雪山って感じでいい感じです!
ただ・・・、今回ちょっと力が入らない。
やっぱり体力に問題が出てます。
なのでゆっくり。
画像


ゆっくりのつもりが約20分ほどで来れちゃいました。
距離にして約300m。
夏だと結構登り下りがあった印象でしたが、
雪道の方が歩き易い感じです。
画像


諏訪の街が観えますがガスってる。
画像


Dさんがポーズを決めてます。
画像


硫黄に阿弥陀に、ガスってる・・・。
画像


中央アルプスが観えました!
近くで写真を撮っている方にDさんが教えてもらい知りました。
いつかは中央アルプスにも登ってみたい。
画像


こっちの先には蓼科山がハッキリ観えます。
画像


さっきいた東天狗岳方面。
画像


ちょっと違った角度からもう一度東天狗岳。
画像


西天狗岳山頂では結構ノンビリして写真を撮ったり、
水分補給をしたり。
勿論水分補給は山専ボトルの暖かなお湯。
途中インナー手袋だけでザックを触っていたら、
寒さで指先がジンジンしてきました。
ザックのドローコードを解けず思わず脱いじゃいました。
やっぱりダメです・・・。
この後暫く指がジンジンして痛みました。
今後冬山ではドローコードは結びません。

充分堪能したので黒百合ヒュッテに向け下山です。



振り返って西天狗側。
画像


頼りになるピッケルとアイゼン!
の筈だったんですが・・・。
右足のアイゼンの後ろ側の金属ベイルの
締め付けが弱かったみたいです。
天狗ノ奥庭の下山中外れてしまいました・・・。
危ない危ない。
場所が場所だったら・・・。
画像


いい感じの稜線だ~。
ここで休憩してマッタリしている人達もいました。
画像


東天狗山頂近くまで戻らず、
この先のトレースを辿り、
天狗ノ奥庭ルートで下る事にしました。
画像


行きと帰りの道は別で。
画像


天狗の奥庭上。
この先で思いっ切り片足踏み抜けました。
足の根元まで。
危ない危ない。
画像


黒百合ヒュッテ直ぐ手前まで戻って来ました。
夏とは違い何処でも歩けます。
画像


振り返って!
滑落防止訓練ができそう。
画像



10時前には黒百合ヒュッテまで戻ってきました。
西天狗岳山頂から1時間弱でした。

ヒュッテの中で暫く休憩し、
軽く食事を摂りマッタリ。
それとコケモモティーを注文し飲みました。

不安だったお腹の具合も持ちこたえ、
冬の天狗岳を満喫できました~。
Dさんお疲れ様でした。


AM11:01 渋の湯に向け下山開始です。
画像


下りも雪が締まっていて歩きやすいです。
この状態だとチェーンスパイクでも快適だと思います。
チェーンスパイクで歩いている人も見掛けました。
画像


PM0:02 無事下山完了です。
黒百合ヒュッテからは約1時間でした。
画像


今回歩いたルートが出ています。
今度、雪の賽の河原を通って、
高見石にも行ってみたい。
画像


登山口です。
画像


茅野へ向かうバスは14:50発なので、
時間はタップリあります。
渋の湯御殿で温泉にゆっくり入りました。
ここの温泉硫黄臭が半端ないです。
効能も過ごそう。

ラッキーな事に臨時便で1台早めに出発する事に。
そして乗り継ぎよくスーパーあずさにも乗れて、
その後も乗り継ぎよくサックと帰宅できました~。


今回はお腹の具合がかなりヤバヤバでしたが、
結果は今回も最高な冬山登山になりました。

また沢山勉強できました。
それと更に更に雪山に魅せられてしまった自分です。


Dさんお疲れ様でした。
今回もご一緒できて本当良かったです。
ありがとうございました!


雪山最高!!!
お疲れ様でした~!



【サーモス山専ボトル800ml】ステンレス保温ボトルFEK-800
白馬ブルークリフ楽天市場店
山のフィールドで要求される多くの条件を想定して作られました。しっかり握れるボディーリングに、衝撃に強



この記事へのコメント

2013年02月14日 06:07
お腹の具合を心配していましたが、冬の登頂、おめでとうございます。良かったですね。
天気も良いし、いつも写真が綺麗ですね。
黒百合ヒュッテは週末や連休は凄く混むんですね。
テントも人気で多いんですね。
いろいろ情報が入っていて参考になります。
はんあま
2013年02月14日 17:20
こんにちは
やっぱり冬の八ヶ岳って厳しい世界なのですね
実際に経験していない自分がなんですが、
拝見しているだけでちょっと怖い感じさえしました。

ご無事の下山何よりでした。
その後は調子はいかがでしょうか?
体の中が冷え切っているのかもしれませんね。
自分の経験ではあたためたほうじ茶とか良いかもです。
体の中を温める食べ物・飲み物で調べればでてきますので、
よかったら調べてみてください。
2013年02月14日 23:16
chiakiさん、こんばんは。

ご心配ありがとうございます。
天気は結構コロコロ変わってました。
お腹はゴロゴロ(笑)。
冗談言っていられる状態ではありませんでしたが・・・。

写真は何枚もグローブの指先が写ってしまってます。
冬装備での撮り方練習しないとダメですね。

テン場もカラフルで雪とマッチして綺麗でしたよ。
いつか雪山テン泊してみたいと思ってます。
でも超寒がりの自分は・・・。

2013年02月14日 23:22
はんあまさん、こんばんは。

冬山超初心者なので偉そうな事は言えませんが、
天狗は天気が良ければ冬でも危険ではないと思います。
6本爪アイゼンにストックで登っている人もいました。
黒百合ヒュッテまでのピストンなら、
アイゼンなしでも問題ないです。
ただアイゼンがあった方が全然楽だし安全だとは思います。
ただ冬の山なので油断は禁物ですね。

ご心配ありがとうございます。
年末からずっとお腹の具合はイマイチです・・・。
ほうじ茶情報ありがとうございます!
実は先月僕も調べてほうじ茶買って飲んでました!
最近飲んでないです・・・。
それがいけなかったかな・・・。
2013年02月15日 00:15
こんばんは

冬の雪山の世界は
キレイだけど大変なんですね。
装備もいろいろ工夫されてても...
軽い気持ちでは絶対行っちゃダメですね。

でも、写真やブログで見ていると
すっごくワクワクして楽しいです。

お腹、すっきり治らないのは
気になりますね...
あまり、続くようだったら
ちゃんと病院に行ってくださいね。

治りますように(*^-^*)
2013年02月15日 07:33
まめたろうさん、おはようございます。

八ヶ岳の冬山で山小屋から上は、
装備はしっかりしていないと危険ですね。
黒百合ヒュッテや赤岳鉱泉などの通年小屋までなら、
レインウェアと軽アイゼンに暖かな格好で行けば、
特に問題はないと思います。

ご心配ありがとうございます。
去年末からずっと胃腸が疲れているのかもしれません。
病院行った方がいいですね。

コメントで少し癒えました~!
ありがとうございます。
topwater
2013年02月17日 14:21
こんにちは。

こんなに晴天でもマイナス14℃って寒そう。と言うより寒いですよね?(笑)

また、黒百合は凄い混雑だったみたいですが、登山道も見渡せるからか?
無積雪の時より人が多く感じます。

写真、綺麗っすねぇ~\(^-^)/
2013年02月17日 18:08
topwaterさん、こんにちは。

気温はマイナス18℃までは行ってました。
もしかしたらもう少し寒い時もあったかもです。
更に風が結構強い時もあったので、
体感上では更にといった感じだと思います。
風速1mで体感温度は1度下がるそうです。
でも、しっかり対策すれば問題なしです!

山小屋って冬の方が混んでるかもですね。

写真はまだまだです・・・。
ありがとうございます!
一眼持って行きたいです。

この記事へのトラックバック