南アルプス鳳凰三山(南御室小屋 テント泊) 6月15日(土)、6月16日(日) Part1

今回初めて登る南アルプス鳳凰三山。
結果は前にご報告しましたように、
三山のうちの一つにも登らず・・・。
夜叉神峠・鳳凰三山登山口から
南御室小屋までのピストンと
なってしまいました(笑)。
それではPart1です!


前回に続き今回もクルマで向かいます。
駐車場は結構混雑するということなので、
前日に出発し車中泊で仮眠をとることで、
Dさんと計画しました。
現地駐車場に集合か高速のPAにてDさんを待つか、
どちらかで行こうという事で。

そして前日21時過ぎには僕は予定通り出発しました!
ところが・・・。
かな~り走ったところで忘れ物に気付く僕・・・。
それも大した物ではないですが。
それは。
腕時計!
それにスパッツも。
無くてもいいんだけど、気になる・・・。
でっ、引き返すことに。
ダサダサ。
本当に引き返しちゃいました(笑)。
そしてスパッツは結局使わなかったのは内緒です。

そんな事をしているうちに先行していた筈の僕が、
遅れてくる筈だったDさんと結構近い場所を
走っているということに。

なので中央高速の藤野PAで待ち合わせましょうとなりました。
僕が到着して5分も経たないうちにDさんが到着。
なんて息がピッタリなんだ~。
素晴らしい!
ここからはDさん先導のもとに目指します。


そして夜叉神の森駐車場に到着。
時間は1時半くらいだったでしょうか。
ちょっと休憩後さっそくそれぞれの車の中で仮眠。
登山開始は6時頃ということで。

僕はいつものように速攻爆睡(笑)。
ここのところ寝不足だったんです。


そして5時には起床し準備開始!
そうそうここの公衆トイレ事前に調べたら、
結構汚いとの事でしたが綺麗なトイレでした!


AM6:07 予定通り出発です!
画像


バスの時刻表です。
但し、6月25日からです。
画像


夜叉神峠・鳳凰三山登山口。
画像


駐車場はこんな感じで超ガラガラ。
この天気で皆さん事前に中止にしたんでしょうね。
画像


登山ポスト。
しっかり登山届け出しました!
計画とは違って三山の一つも登りませんでしたが・・・。
でも宿泊場所は計画通り。
今回はDさん先行のもとスローペースで進みます。
僕だとどうしてもハイペースになりがちなので。
僕の課題です。
画像


AM7:35 夜叉神峠に到着。
標高1、770m。
画像


晴れ間は出てきたんですが雲が。
晴れ渡ってたら綺麗な景色なんだろうな~。
画像


夜叉神峠小屋。
ここで休憩していた方達と少しお話しました。
実はここに着く前にもお話したんですけど。
静岡の方達でお嬢さんが甲府に住まれていて、
登山口までクルマで送って下さったとの事。
羨ましい~。
途中、薬師小屋に小屋泊し青木鉱泉まで縦走するそうです。
雲で観えなかったけど北岳や間ノ岳の方角を教えてくださいました。
画像


キャンプサイトもあります。
画像


雲が少し晴れた~。
画像


結構休憩した後出発。

そしてまた休憩。
朝食!
今回はまめに休憩をとります。
ムシムシ、ジメジメで辛いんです。
ミストサウナみたい。
体力消耗、不快指数半端なし。
画像


確か5本松という札が付いていたかと思います。
画像


Dさん黙々と登ります。
勿論、途中結構話しながら登りましたが。
画像


AM9:48 杖立峠に到着。
このルート斜度はキツくないですが、
ひたすら直登そして樹林の中。
そしてムシムシ、ジトジト。
堪えます・・・。
そして再出発。
画像


途中またまたエネルギーチャージ。
ランチパックの深煎ピーナッツ!
画像


この植物気になる~。
確か雲取山にも生えてた。
何か食べれそうで美味しそう。
画像


途中雪が出てきました。
結構、所々に。
ズブズブだったりカチカチで滑りやすかったり。
トレランで戻ってきたお二人が薬師岳手前は結構雪が残っていて、
滑りやすく注意した方が良いですよと教えてくださいました。
やっぱりチェーンスパイク持ってくれば良かったかな。
(結果的には薬師岳も行かなかったんですが・・・)
画像


ここでまたまた休憩。
今回は写真の場所以外でも沢山休憩してます。
このルートのケルンは全てこの鉄製パイプでできてました。
この先辺りで雨が振り出しレインウェアのジャケットだけ着ました。
着て直ぐ雨が強まりました。
ラッキー。
画像


こんな注意書きも。
画像


南御室小屋に着いた~!
意外と辛かった・・・。
この陽気と睡眠不足とテント装備・・・。
夜叉神峠でお話したお二人も予定変更し、
南御室小屋に宿泊されてました。
画像


標高2、440m。
水場も直ぐ近く。
40歩って説明の看板がありました(笑)。
画像


雨が結構強くなってきたんですが、
偶然雨がほぼやんだのでその隙をついて設営!
そしてDさんの即興の考案エマージェンシーシートと、
トレッキングポールでタープ作成。
これ快適でした!
画像


この日テントを張った後身軽になって三山を縦走しちゃうか、
薬師岳でもピストンするか考えていたんですが中止!
雨も降ってるし霧も出てるし視界も悪く眺望なさそうなので。


なので食事&宴会!
テントサイトは僕達以外に1つテントが張られてますが、
この時は誰もいないので貸しきり状態!
今回は厚切りベーコンの変わりにスパムLite。
缶詰なので腐るとか心配せずとも大丈夫!
隣は最近お気に入りのチリ産フルボディー!
画像


Dさんが仕込んできた食材。
そしてチーズも。
画像


そしてDさんの食材に僕の食材を追加して!
天空の宴会は盛り上がるのでした~。
更に雨強くなってきたし・・・。
でも簡易タープで快適。
画像



飲んで食べたら二人とも凄い睡魔が・・・。
お昼寝しちゃうことにしました~。
そしてそれぞれのテントで爆睡!
2時間以上爆睡しちゃいました・・・。

起きると外は凄い雨、雨、雨・・・。
テントから顔を出したら思いっ切りテントの中へ雨水が~。
簡易タープの上に溜まった雨水が思いっ切り入ってきちゃいました。
テントの中もシュラフもビショビショ。
マズイです。
シュラフ乾くかな・・・。

ということでDさんと簡易タープを速攻撤去しました。
便利だったけど・・・。


夕飯はそろぞれのテントの中で自炊。
僕はいつものようにご飯を炊いて。
Dさんからおでんのお裾分けを頂き。
Dさんはビールを買いに行きましたが、
僕は珍しく飲みたい気にならないので、
夕食はアルコールなし。
昼間充分飲みましたし。
画像


新たに追加投入したオービット!
やっぱりランタンあった方が快適だな~。
画像


寝床~。
枕もあり!
画像


トイレに行った時に外から撮ってみました。
結構強い雨が降ってるのわかりますか~。
画像


テント内の気温は約20℃。
かなり暖かい。
この日テント内は最低でも12、3℃はありました。
画像



そしてこの日は朝まで強い雨が降り続くのでした~。
これで水不足が解消したかな!


とここまででPart1は終了です!
Part2へ続きます!

その前に前回の天狗岳ブログを書き上げないとな・・・。




[サーマレスト]Zライト ソル(スモール)
アートスポーツ・ODBOX
サイズetc サイズ:51×130cm 重量:290g 厚さ:2cm 仕様 最も軽量な、そしてコンパ





ブラックダイヤモンド Black Diamond オービット
好日山荘Webショップ
十分な明るさと自然な照射範囲を作り出す、トレッカー、バックパッカーに最適なポケットサイズミニランタン



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 47

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年06月22日 09:49
鳳凰三山は、学生の頃先輩に連れられて登った、初めての南アルプスです。朝テントから這い出ると、目の前に衝立のように聳える白峰三山。そして夜半の降雪で白く輝く山巓が朝日に輝き、谷に向かって次第に目覚め彩度を増していく、赤黄緑のキャンバスを目にした時の感動は、今でも深く心に残っています。
2013年06月23日 12:49
Pなのでんこんにちは。
お返事くなりすみません(_ _)。
鳳凰三山登られた事があるんですね~。
僕はまだピークを一つも踏めてないので、
山頂からの景色を是非観てみたいです!
天気も視界も悪かったし。
なので次回こそは(^_^)
素晴らしいんでしょうね~!

この記事へのトラックバック