燕岳(燕山荘テント泊) 4月26日(土)、4月27日(日) Part3

春山の燕岳テント泊、Part2に続き最終章のPart3です。
一気に書き上げます!
3日掛けてですけどね・・・(汗)。
それにしても靴擦れの痕が酷い。
筋肉痛も凄かった・・・。
ここ数ヶ月ジムにもあまり通ってなく、
行っても軽~くなので、
体力の低下も大きいし。
これからなまりきったカラダを鍛えなおします!
宣言しちゃった・・・。
大丈夫かな。
それでは最終章Part3、
お付き合い宜しくお願い致します。


テントの外の声で目を覚ましました。
うるさいとかではなく気になる言葉で。
それは「今起きないと損するよ!」という声でです。
近くのテントの人が友人らしき人を起こしている
声だったと思います。
気になりますよね!
その時間は4時過ぎだったかな。
隣のDさんもゴソゴソと。
同様に目を覚ましたようでした(笑)。

Dさんに声を掛け外に出てみる事に。
お互いタップリ寝たので爽快な朝を迎えました。
お山は寝るのも早いので睡眠が、
たっぷりとれるのも良いところです。


日の出前の燕山荘からの眺望。
朝焼け。
既に沢山の人。
画像


太陽が出てきました!
皆さん写真撮ってますね~。
僕も(笑)。
そういえば最近お山でご来光観てません。
その頃いつも寝てる(汗)。
画像


アップで!
画像


早朝のテント場。
画像


早朝の燕岳。
山頂に人が沢山。
画像


道標ともに写しちゃったり。
画像


早朝の槍ヶ岳。
ズームで。
画像


僕らのテント。
結構霜が付いてます。
画像


気温はこの時間で氷点下6℃位かな。
でもこの日は余り寒さを感じませんでした。
快適快適。
ただ、夜中までシュラフのファスナー閉め忘れて
寝てたのは大失敗。
危険過ぎます。
寝落ちしてました。
そうそう、スマホもテントの中に出しっ放しにしてたら、
バッテリーが残量ゼロになってました(泣)。
いつもはちゃんとシュラフの中に入れておくんですが・・・。
暖めたらある程度復活したので助かりました。
バッテリー関係や水関係は注意しましょう!
それと食べ物も凍るので要注意です。
画像


こんな感じでテントの外は霜でビッシリ。
ちょっと模様が気持ち悪い・・・。
なら載せるな!ですよね。
ゴメンナサイ(汗)。
画像


朝食の準備は外で!
それ程寒くないので外のが気持ちいい!
景色も良く癒されちゃいます。
Dさんはテントの中で準備してました。
食事は外で一緒にでしたけど。
天候に恵まれて最高だ~なんて、
話しながらの山頂での朝食は本当幸せです。
画像


穏やかな朝食を食べた後は早速テントの撤収です。
ペグがカチカチの雪に変わっていて、
掘るのが一苦労でした。
スコップも歯が立たなかったりして、
ピッケルも使用。
使い方が下手で一度ピッケルの柄の部分で、
思いっきり右膝を打ってしまいました(泣)。
本当泣きそうだった・・・。
今もまだ痛いしはれてるし。
ピッケルの使用には注意しましょう。
当たり前ですが使い方次第では凶器になります。
画像


そうそう今回は竹ペグへのラインの結び方を変えてみました!
結ぶというより巻くだけ。
これは山ネタでよく僕のブログにコメントいただく、
やまやさんのアドバイスからです。
さすがやまやさんのアドバイスです。
目から鱗でした。
ありがとうございます!
やまやさんは山やさんですが、
ニックネームのやまやさんの事です。
何か伝え方おかしいかもですね・・・。



撤収後の僕らのテントサイト。
奇麗に返せたかな~。
画像



そして下山です!

またね槍ヶ岳!
今度行くからね!
画像


お邪魔しましたテントサイト!
また来るからね。
右に見えるロープの先は雪庇です。
立ち入り禁止、注意しましょう!
画像


またね燕岳!
また来るよ~!
その時はまた宜しくです。
画像


お邪魔しました燕山荘、スタッフの方達。
またお世話になります!
画像


そしてDさんとのツーショットを撮っていただきました!
偶然ですが撮っていただいた方は、
隣にテント張っていた方でした。
その節はありがとうございます。
画像


AM8:05 下山開始です!
ほぼ昨日たてた予定通りです!
素晴らしい!
画像


昨日はヘロヘロになった稜線。
今日は割と快適です。
ちょっと足にきてますが(笑)。
画像


う~んいい景色。
好きだな~。
画像


Dさん先行。
画像


AM8:42 昨日の登りと違って、あっという間に合戦小屋に。
快適快適!
この辺りまでは・・・。
でも、段々と筋肉の疲労が顕著になり、
その後膝が笑い出す事に・・・。
太ももやふくらはぎはピクピクし出すし・・・。
画像


エネルギーチャージしときました!
ノンビリ大休憩。
さぁ、くだります!
画像


AM9:32 第三ベンチに到着です。
ここでも勿論休憩。
画像


第二ベンチの辺りで12本アイゼンから、
チェーンスパイクに変更。
イキナリ足が軽くなり快適~。
足の疲労具合は相当です。
かなり辛くなってきました・・・。
画像


AM10:59 無事下山完了!
途中何度か転びましたけど(汗)。
ほぼ予定通りです。
もう既に足はガクガクです。
クルマ運転できるのかな・・・。
大丈夫でしたけど(笑)。
画像


登山口のベンチで暫く休憩。
画像


見てくださいゲーターも登山靴もドロドロです(泣)。
下りてくる人を見てたらキレイなままの人もいるんですよね~。
歩き方かな・・・。
画像


今回温泉は有明荘で入る事にしました。
またね中房温泉、それと登山口。
この言葉の掛け方は変ですよね?
まぁよしとしてください(笑)。
画像



有明荘では温泉に入って食事はお蕎麦をいただきました。
とろろ蕎麦を食べたんですが、とても美味しかったですよ。
写真、撮ってません・・・。
カメラもスマホもクルマに置いてきちゃいました。

その後途中、中央高速の渋滞もありましたが、
比較的快適に帰れました!

今回は色々反省点もありますが、
結局はとても素晴らしい登山となりました。
Dさん今回もありがとうございました。

よくコメントをいただくchiakiさんとのニアミスもあったようですし(笑)。
(去年のGW上高地に続きですね)
これは只の偶然だけじゃない?(笑)


やっぱりお山はサイコーだ~!
これからまたお山にガンガン行くぞ~!
行きたい!
でも、カラダも鍛えなおさないとな~。
頑張ります!


ご覧いただきありがとうございました。
僕のお山歩きはこれからも続きます!
ではでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年05月01日 20:24
ニアミス、本当に残念でした。
マイナス6度位まで下がったんですね。
いろいろ参考になります。
同じ日に行っても、新鮮にレポを拝見しました。
山シーズン到来!!!又レポ、楽しみにしています。
hey-hey-yosさんのレポはやっぱり、良いですね~。















2014年05月01日 22:05
燕、お疲れ様でした!
もう筋肉痛は完治しましたか?

雪山の素晴らしい朝を堪能させていただきました。ありがとうございます。

こうした一瞬の光景、出会いがあるから、辛くてもやめられないんですよね~。

GW後半もどちらかに行かれるのでしょうか?もし行かれるようなら、気をつけて楽しんで来てくださいね。
2014年05月02日 07:05
chiakiさん、コメントありがとうございます。

多分最低気温はもっと下だったかと思います。
シュラフのファスナーを閉める前に寝落ちして、
ちょっと危ないところでした(汗)。

レポお褒めいただきありがとうございます。
これからも宜しくお願いします!
2014年05月02日 07:09
こしくんさん、コメントありがとうございます。

筋肉痛ですが実は・・・。
昨日までほんの僅かですが残ってました(汗)。
こんな初めてです。

お褒めいただき、こちらこそありがとうございます。

今のところ次のお山の計画はありません。
でも、きっと近くまた行くと思います!
2014年05月06日 21:04
ペグのところで僕の名前が出てきたので、びっくりしました(^^ゞ。結び方、気に入っていただけましたか?うちの山岳会で、ずっと厳冬期でも使っているやり方ですから、これからもぜひ♪
hey-hey-yosさんの記事はいつもワクワクが伝わってきます。これからも安全登山で、良い山の記事と写真を見せてくださいね~(^^)。
2014年05月08日 00:14
やまやさん、コメントありがとうございます。

竹ペグのセッティングの件では、
アドバイスありがとうございました。
目から鱗でした!
機会があればその他諸々アドバイス、
並びにご指摘宜しくお願い致します。

まだまだ目から鱗ってありそうですね!

この記事へのトラックバック