夏沢峠(本沢温泉 テント泊) 5月31日(土)、6月1日(日) Part2

頑張ってPart2書かないと(汗)。
行ってきてから既に10日が過ぎようとしてます・・・。
ということで八ヶ岳の今年初ソロテント泊、
登山記Part1からの続きPart2をアップしたいと思います!
でもPart2ではまだ終われない・・・。
あ~ダメだ~。
Part2では本沢温泉に到着したところからとなります。
それではPart2です。


前回お話したように丁度八ヶ岳の開山祭が翌日行われるようです。
今晩は前夜祭とか。
本沢温泉では予約の方や招待客の方以外は、
この日宿泊はお断りされていたようです。
僕はテント泊なのでセーフ!
テン場は意外に空いてました。
画像


本沢温泉の受付でテント泊の手続き済ませます。
といっても特に手続きとかもなくお金を払うだけ。
証明書みたいなのもありませんでした。
管理は大丈夫なのかな。
それと温泉への入浴を申し込んだら、
この日は内風呂への入浴はNGだそうでした。
宿泊者のみ(泣)。
ということで露天風呂への申し込みをしました。
そこでも特に証明書なし。
聞いてみると記念のチケットということで、
チケットをもらいました。
大丈夫なのかな管理・・・。
画像


この絵にあるように野天風呂の方は混浴みたいです。
えっ・・・。
画像


本沢温泉からは硫黄岳が凛々しく観えます!
画像


受付を済ませた後、テン場へ向かいます。
「野営場」って何か格好いい~!
画像


バッチリ張れたぞ~!
マイテント!
エスパース・ソロ。
暴雨風もヘッチャラです!
この日は荒れ模様は無さそうですが。
現に無かったです。
でも、備えよ常に!
画像


当初の予定は白砂新道を抜けて天狗岳を目指す予定でしたが、
残雪の為通行止めとなってました。
あえなく断念・・・。
今週末は開山際で夕方から温泉は激混みとの噂を聞き、
先ずは温泉に浸かってからこの日の行動を考える事に。
画像


温泉への分岐まで来ました。
ガラガラだといいな。
お願い!
画像


景色いい~。
硫黄岳が絶景!
画像


本沢温泉の野天風呂。
ガラガラだ~!
いぇいぇ、実は到着した時は満杯、混み混みでした(汗)。
画像



最初は満員状態の温泉に入らせて頂きました。
結構ぬるめです。
この温度ならいくらでも入っていられそう。
でも、譲り合いの精神は大切です。
ただ、直ぐに空いてガラガラに。
ノンビリできました。

シャワーや水道は一切ありません。
硫黄の匂いがプンプンですが大丈夫でしょうか。

テン場でソロで来られている方と少しお話をしたんですが、
その方が後から入ってこられました。
危険な体験や友人の方の事故、
目の前で目撃された事故など。
大変、貴重なお話を伺いました。
それでもお山はやっぱり最高なようです。
安全には十分注意して楽しまないとですね!

ここでご年配の男性数名が近付いて来られました。
何故か温泉には入る気がないようです。
遠慮されてるのかなと思ったんで、
「どうぞ遠慮せずにとお話したら」・・・。
お知り合いの話をされたんです。

「ここの硫黄は長居は危険だよ」と!
「温泉に浸かってると肌が真っ赤になるけど、
刺激が強すぎて痒くなる」。
それと、
「犬を連れてきた人がいて、いきなり犬がゲーゲーになったと」。
硫黄が相当強いらしいんです。
確かに硫黄は危険な面もありますよね。

それを聞いて僕は速攻退散(汗)(笑)。
ヨワッチィ~。
いぇ、結構ゆっくり入っちゃいました。
アドバイスの通り横の川の水でカラダを拭きました。
でも、水が冷たいのなんのって・・・。
シャッキとしましたが。
あっ、個人的にはぬるめの感じが丁度良く、
とても良い温泉でした!


それでも、ここの景色は最高です。
硫黄臭が凄いけど。
画像


折角なんでガラガラの野天風呂をまたパチリ!
画像


振り向いてもう一枚!
星空観ながらまた入りに来たいな、などと思いながら。
画像


因みに本沢温泉はdocomoの電波の掴みはバッチリでした。
3Gですが。
LTEは圏外。
画像


野天風呂入浴の説明看板。
画像


雲上の湯と言うそうです。
何か格好いい。
画像


成分や効能はこんな感じだそうです。
画像


本沢温泉の野天風呂には入ったし、
時間はまだ結構あるし。
ということで夏沢峠まで行ってみる事にしました。
時間はPM3:18.
サクっと行ってくるぞ~。
残雪はどうなんだろうか。
画像


目の前の道を進んでいきます。
画像


ここからは雪がかなり残っていて、
歩き辛い歩き辛い。
画像


足取り軽い?
いぇ、歩き辛くて・・・。
下り転ばないようにしないと。
画像


硫黄岳が段々近付いてきました。
折角なんで山頂まで行っちゃおうかな。
以前、ソロテント泊を始めた頃2010年は、
稲子湯からオーレン小屋まで歩きテントを張り、
そこからその日に硫黄岳山頂をピストンした
んですけど(笑)。
今日は無理~(笑)。
画像


やまびこ荘が観えてきました。
結構凄いところに建ってますね。
ここは本沢温泉の系列だそうです。
画像


アップ!
画像


PM2:20 祝い、到着!
画像


硫黄岳を望む!
画像


アップ!
画像


ここで男性2人組みの方のお一人にオイデオイデされたんです。
直ぐ近くにカモシカがいると教えて頂きました。
直ぐ近くにいました。
ありがとうございます!
わかるかな~。
カメラ目線のカモシカくん。
画像


何故か今回も炭酸が無性に飲みたくなりました。
なので、やまびこ荘でコーラを買って飲みました。
ここで小屋番の方の第一声が。
「本沢温泉入って来たでしょ?(笑)」。
はぃ、その位硫黄臭が凄いんです。
自分でもむせるくらいに(笑)。
それとは別に、何故かお山で飲む炭酸は美味しい~。
画像


暫く休憩した後、硫黄岳の樹林帯が抜けた、
眺望の良いところまで歩いてみました。
山頂まで行ってみたい葛藤と戦いながら(笑)。
画像


そして夏沢峠まで戻り、テン場まで下山開始!
画像


雪が滑る滑る。
途中、本沢温泉に小屋泊する方とお話しながら下山しました。
長野の地元の方だそうで、楽しいお話ありがとうございました!
それと滑る滑る・・・。
2回くらい転んだかな・・・。
何かの糞を避けながら。
その糞はマカダミアンナッツチョコレートのような物が
無数にある感じです。
これってきっとカモシカの糞ですね。
すみません・・・、汚い話で(汗)。
画像


本沢温泉まで戻ってきました!
お腹空いた~!
画像


PM3:44 無事戻ってきました!
画像



Part2はここまでです。
Part3に続きます!


Part3を最終章にしたいです!
頑張るぞ~!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック