北アルプス裏銀座縦走(小屋&テント泊) 8月10日(日)~8月13日(水) Part4

またまた前回からかなりかなり間があいてしまいました。
中々書き上げる時間がなくて・・・。
いつものように言い訳です(汗)。
それでは北アルプス裏銀座縦走Part3に続き、
Part4となります。
Part4では水晶小屋を出発し三俣山荘に、
向うところからとなります。
休憩中に水晶小屋では暴風雨はおさまってました。
ここでは・・・。
この状況が続けば!
それではPart4です。


水晶小屋でも1時間近く休憩してしまいました。
名古屋から来た方と話が盛り上がったりして。
名古屋から来た方が雲ノ平に出発されて、
僕もそろそろ出発しようか思って外に出たところで、
親子の方達が丁度到着されました。
ここでご挨拶。
親子の方達はこの日は予定通り水晶小屋に泊まられるそうです。
後から娘さんの方(momoさん)からコメント頂き知ったのですが、
この後三俣・双六・笠とテント泊し下山されたそうです。
なんと5泊6日。
水晶岳も親子でピストンされたそうです。
この天候の中で、凄いですね~。
本当お疲れ様でした。

そして僕は小屋の外で休憩されていた方と、
またお話で盛り上がり長話(汗)。
その方はお二人で来ていて同じ日に野口五郎小屋に、
泊まられていたそうです。
夜中の風雨はそれは凄いものだったそうです。
想像付きます・・・。
この日は水晶小屋に泊まり雲ノ平、高天原にと、
5,6泊の縦走のようです。
羨ましい~。

などなど結構な時間を費やしてしまったので、
急いで三俣山荘に向かわないと!
この時間から出発される方は見掛けませんでした。
到着される方は結構いましたが(汗)。

因みに水晶小屋はドコモの3Gバッチリでした。
LTEは入りませんでしたけど。
でも何故か途中の稜線上はLTEもバッチリでした。
そうそう水晶小屋はソフトバンクもバッチリだったみたいです。


PM1:42 さぁ、気合入れて出発だ!
画像


小屋から直ぐのところの水晶小屋分岐。
新穂高温泉でご一緒した広島の方は、
船窪ルートではなく読売新道ルートだったそうです。
後からコメント頂きました。
リラックマ山岳隊さんです。
この長距離ルートをあの天候の中では、
半端なく厳しかったでしょうね。
本当お疲れ様でした。
画像


と、小屋からほんの少し歩いたこの辺りから、
再び半端ない風です。
どうしよう・・・。
画像


綺麗な景色っぽい池などが観えてきましたが、
ガスガス&暴風。
雨は降ってません。
綺麗なお花畑なんだけど・・・。
画像


とここで雷鳥発見!
実はここに来るまでも雷鳥見てます。
今回は3回くらい雷鳥に出会えました。
画像


雷鳥逃げません。
なので写真をパチパチ。
でも視界が悪いのと暴風で上手く撮れませんでした。
先を急ごう。
画像


PM2:03 ワリモ分岐に到着。
鷲羽岳山頂ルートにしようか、
黒部源流の巻き道にしようか。
ザックをおろし地図を見て改めて検討。
ほぼ迷わず巻き道に。
これは失敗だったかもです・・・。
画像


岩苔乗越に到着。
ここでふと気付きました。
この台風の影響での土砂降りの後では、
黒部源流ルートは川になって歩けない可能性が。
そうだ烏帽子小屋で自分からその話しをしてたのに・・・。
戻って鷲羽岳山頂ルートにしようかと思いましたが、
もう戻るのが面倒になり進む事にしました。
実はこのルートでも三俣山荘まで誰にも会いませんでした。
孤独・・・。
そうだよな~この天候でこの時間だもの・・・。
画像


直ぐ近くに水場があります。
前日の登山口から初めての水場。
水はまだ十分あるけど水に触れてみたくなりました。
黒部源流ですから!
画像


冷たい綺麗な水です!
よくある黒いホースはなく、
本当源流の水そのままでした。
でも寒いのでスルー(汗)。
画像


川に遮られていますが登山ルートなので、
ここを超えます。
下流はもっと増水していたらどうしよう・・・、
などと少し不安になりながら。
画像


こんなところも渡り。
黄色と黒のロープのところを渡らなければいけません。
この先大丈夫かな・・・、と思いながら。
それにしても誰もいません。
熊鈴鳴らしてます(汗)。
水晶小屋からですが・・・。
画像


靴で滑った跡が・・・。
実はこれ僕が滑った跡なんです。
滑って転び起き上がった後、
振り返り撮りました。
記念に?。
本当思いっ切りずっこけました・・・。
不運に転び方が良くなかった・・・。
画像


転んでる時運悪く木道に巻かれている、
この針金の輪っかに手の指が入ってしまい、
思いっ切りグリッと・・・。
すげーーー痛かったーーー(泣)。
グローブしてて良かった~。
本当ヤバかった。
実はこの後も何度か転ぶ事に。
滑るんですよ。
膝も笑い出したし・・・。
画像


滑らないように木道を慎重に慎重に。
出来るだけ木道は歩かずに。
画像


実はここでも思いっ切りコケました・・・。
しかも頭の方が谷側(下側)になる転び方です(汗)。
回転し頭が下、足が上の仰向けになってしまい、
ザックが挟まり身動きとれず。
丁度亀が逆さまになり身動き取れない状況に・・・。
人も来ないし暫くぼーーっと。
このまま寝てしまいたい・・・。
いけないいけない、起き上がらないと。
もがいてやっと起き上がれました。
脱出成功。
モタモタしてはいられません。
頑張って先へ進みます!
画像


PM3:01 雲ノ平までの分岐まで来ました。
ここから先は去年歩いたルートです。
ただ、このルート最下部なのでここからは急な登りが待ってます。
疲れた・・・。
お腹もメチャ減ったし・・・。
画像

画像


なので休憩&エネルギーチャージ!
持ってきたバターロールを食べました。
三つも(笑)。
お腹ペコペコだったので。
でも、この場所、虫が多くて・・・。
しかも寒い。
そういえば去年もここで休憩したな。
あの時は凄い天気も良くて暑かったな。
画像


PM3:10 約10分ほど休憩後出発です!
気合だ!
画像


黒部川水源地標。
去年もここで写真撮りました。
画像


お花が咲いてます。
写真は撮りましたが余り余裕なし。
それでも2枚撮ってますが(笑)。
画像


この川がルート上です。
転ばぬように靴に川の水が入らぬように、
慎重に渡りました。
画像


おっ、徐々に鷲羽岳の麓が近付いてきました。
画像


三俣山荘のテン場まで来ました!
事前にわかっていた事ではありますが、
ここまで結構長かった。
でも天気良く眺望も良ければ、
距離の長さは感じそうにないかも。
そしてザックをテン場におろして、
小屋まで行こうかとも思いましたが、
担いだまま小屋まで行く事にしました。
まぁ近いので。
画像


PM3:56 三俣山荘に無事到着しました! 
結構疲れた。
早く受け付けを済ませテントを張ろう。
雨は降っていません。
水晶小屋からは雨は降っていませんでした。
レインウェアーは上下とも着たままでしたが、
丁度良かったです。
それに思いっ切り転んだので、
ドロドロにならず済みました。
画像


受付を済ませ再びキャンプサイトへ。
ここがこの日の僕の寝床。
実は通り道の直ぐ横で、しかも両端が小川。
川の流れが煩いのと雨が降り増水したら・・・。
などとも思いましたが決めちゃいました。
画像


お隣にはこんなテントが!
エスパースソロにオレンジのエアライズ2。
まるでDさんと僕が張っているような光景が。
これは幻覚でしょうか・・・(笑)。
いぇいぇ偶然でした。
画像


そしてマイテント!
今回もバッチリ綺麗に張れました。
これなら暴風雨が来ても問題なし。
画像


受付時に買ってきた赤ワインのハーフボトル。
でも喉が渇きまくってて先にコーラ飲んじゃいました。
画像


さっきパン食べたけどお腹減りまくりです。
なので速攻炊事!
お湯を沸かしドライフードに入れるだけです。
なので炊事というほどではありませんね。、
画像


その間に家から持ってきた、
おつまみを食べ。
画像


三俣山荘で買ってきたワインを飲み。
これが酔う酔う。
すきっ腹と疲れと標高の関係でしょう。
画像


地元長野産のワインでした。
ただお値段はお高くハーフボトルで1、600円。
三俣山荘は全体的に値段が結構高めでした。
画像



とここまでがPart4となります。
Partいくつまで行くかな。
それより早く書き上げないと。

それではPart5に続きます。
続編もお付き合い宜しくお願い致します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 52

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

リラックマ山岳隊
2014年09月01日 12:35
Part4、楽しく拝見させて頂きました。同じルートを
次の日の朝通過したので状況が良くわかります。
風雨が強くて写真も会話もない2時間でした。

広島は土砂災害で大変な状況が続いています。
9/3(水)にボランテイアに行く予定です。
少しでも被災者の助けになればと思っています。
山登りで鍛えた足腰と喋りの見せ所かも・・・?

2014年09月02日 00:18
リラックマ山岳隊さん、コメントありがとうございます。
ブログご覧頂きありがとうございます。
今回は本当生憎の天候でしたね。
でも承知して行っていたのもありますが・・・。

広島本当大変な事になっていますね。
最近の気象は毎年異常気象です。
地球がどんどん壊れていっているのでしょうか・・・。

ボランティアとは素晴らしいです。
二次災害に気をつけて被災された皆様の
お力になってください。

また何処かのお山でリラックマ山岳隊さんに
お会いできるのを楽しみにしております。
魚好き
2014年09月02日 13:15
こんにちは
楽しく拝見させて頂いています
今週末又北アに行きたいのですが
天気が怪しく先送りかもしれません
今日は天気がよく気持ちが良いですね
仕事サボって筑波山でも行きたいです‼︎
2014年09月02日 23:31
魚好きさん(S・O)さん、
コメントありがとうございます。

今週末、北ア行かれるのですか!
いいですね~!
僕も行きたいです。
天気は生憎良くなさそうですね。
見送りが賢明かもしれません。

そんな中実は安曇野に一泊で行く予定です。
今回は登山ではなく温泉&観光です。

魚好きさん今度ご一緒させてください。
宜しくお願い致します。
実は筑波山は未だ未踏です。

この記事へのトラックバック