ハプニング多発の雪山テント泊

画像

今シーズン初登山。
雪山テント泊。
そして半年ぶりの登山です。
全然登山行けてませんでした。
行ったお山は瑞牆山。
というかテント泊しただけで登ってません・・・。
なので行っただけです。
テン泊した場所は富士見平小屋。
今回は色々ハプニングがあり、
色んな意味で経験になりました。


3月14日(土)、3月15日(日)の一泊で、
瑞牆山を目指し富士見平小屋にテント泊してきました。
ちょっと(大きな?)ハプニングがあり、
瑞牆山登山は断念しました。

瑞牆山は十分日帰りができる山です。
日帰りの登山者もが数多くいました。


週中に急遽Dさんからお声掛けがあり、
ご一緒させて頂く事にしました。
お互い激務の日々で疲れも溜まっているので、
出来るだけ負荷が少ないお山でクルマで行ける場所。
ということで瑞牆山にしてみました。
翌日の日曜日は早朝撤収の速攻帰りの予定で。


僕は出発前日にパッキングをしたんですが、
道具が見つからなかったり、
久々のパッキングで段取り悪くて、
3時間以上掛かってしまう事に・・・。
しかも大事なものを忘れてて・・・。


翌朝3月14日土曜日、出発です。
Dさんとは現地近くで待ち合わせる予定でしたが、
双葉サービスエリアで落ち合いました。
そこから2台で。
Dさんのクルマは夏タイヤなので、
状況を見て途中から僕のクルマで行く事を想定し。


瑞牆山荘までは道に雪は全くありませんでした。
雪は無料駐車場までの道と僅か数10メートルと、
駐車場だけでした。
ですがその駐車場の登り道が滑る滑る。
駐車場に着き停める場所を探しましが、
結構埋まってました。


そこで停めた場所が大問題・・・。
思いっ切りスタックしてしまいました(汗)(汗)(汗)。

どうやっても抜け出せなくなり、
クルマはカメ状態。
左フロントタイヤのサスは伸びきってしまいました。
大、大、大ピンチ。
スコップでタイヤの周りを掘ったり、
タイヤに敷き詰めたりしてもダメ・・・。
Dさんはウェアまで敷いてくれました。

かなりの時間が経過した後、丁度一台のワンボクス
のグループの方が来て、助けを求めました。
皆さんに押して頂き何とか脱出。

本当、助かりました。
この場を借りて改めてお礼をさせてください。
本当ありがとうございました。
一時は諦めちゃったりしてましたし。


場所を変え停めた場所はここです。
画像



そして準備しAM11:24 出発です。
かなり動揺が残ってた僕。
画像


今回もアプローチ用にチェーンスパイク
個人的には必需品です。
12本爪のアイゼンも持ってきてます!
画像


途中休憩しながら、のんびりと登ってPM0:45に、
富士見平小屋に到着です。
画像


先程、スタックからの脱出を手伝って頂いた方達が、
テントを設営していました。
ここで再びお礼を言い、僕達のテントを張る場所を探します。
画像


富士見平小屋は通年小屋で、
土日は開いている筈でしたが、
誰も居ませんでした。
不在の時はこの料金投入口に入れるそうです。
テント代1、000円を入れました。
画像


開いていて欲しかったな、
富士見平小屋。
画像


テントを張り出したら急に大雪状態に。
それまで晴れていたんですが。
吹雪状態になっちゃいました・・・。

テントを張り終えると再び晴れ。
山の天気は変わりやすい。


僕は時間的にもこの日瑞牆山へ登るのは止めようと思ってましたが、
Dさんにハプニングが・・・。
持って来てる筈の厳冬期用グローブがないと・・・。
僕はグローブのセットは2セットあるので、
貸すのを提案しましたが時間的にも諦めてました。

因みに僕はグローブと靴下は必ず2セット持参してます。
冬のグローブは3レイヤーにしてるので、
合計6枚です。


ということでDさんも登頂中止。


ところが、ここで再び大ピンチ!
Dさんが「ガス少ないの持ってきちゃったな。」の言葉にドキッ!
そう言えば僕は入れた記憶が・・・。
冬用にしようかいつものパワーガスにしようか迷って、
後回しにしてその後の記憶が。。。

持って来るの忘れてました・・・。
マズイ。
雪山テント泊でガスがないとは。
小屋が空いたら買えるかなとの期待も。
結局、小屋は閉まったままで誰も居ませんでした。


気分を変えて宴会にしました。
外も結構暖かだったので外で。
途中、下山案も出ましたが。
画像



周りのテント。
結構、テント多かったな~。
カラフルで良かったです。
画像


後から団体で来たグループ。
学生さんのグループで引率の先生も居ました。
山岳部の人達かな。
元気があって盛り上がって、楽しそうでした。
いい感じでした。
画像


その後、急に冷え込みDさんのテントの中での食事となりました。
このテントは僕のエスパースのソロウィンター
Dさんのテントはオレンジのエアライズ2の方です。
画像


Dさんが持ってきてくれた、鍋焼きうどん。
温かくて美味しかった~。
ご馳走様でした。
画像


Dさんのテントと夕焼けのオレンジ。
画像


冷え込んできたので温度計を撮ってみたのですが、
写ってないし。
マイナス7℃位でした。
最低気温もこの日はマイナス10℃位だったのかな。
画像


この日の状況ではオーバースペックかもですが、
ダウンシューズ。
イスカの810のダウンシュラフにマットは2枚重ね。
それにホカロンやその他ウェアも着込んで。
こんな人は雪山テント泊しちゃだめですね^^;。
画像


19時前には解散、消灯。
そして(いつもの)爆睡(笑)。

でも今回は途中目が覚めて珍しく暫く起きてたりしました。
星空綺麗でしたよ~。
Dさんは4時まで一度も目が覚めず爆睡だったそうです。
二人とも十分寝ました!


周りの方達は早い時間から瑞牆山と、金峰山に向かわれてました。


迎えた朝。
丁度、同じ時間頃に起きたDさん。
おはようございます。
画像


気温はマイナス5℃。
画像


ゆっくりテントを撤収しパッキング完了。
今回はピッケル、アイゼン一度も使わず。
この日は凄い良い天気でこの日登った人達は
眺望最高だったでしょうね!
僕らは下山開始。
画像



下山中に寄ってみた里宮神社。
画像


凄い所にありました。
画像


AM9:31 下山完了です。
画像


昨日に比べ駐車場には僅か数台のクルマだけでした。
画像



その後、Dさんのクルマまで行き増富温泉に入り解散。


今回は大きな反省点など多々あり、良い勉強になりました。


・パッキングはチェックリストで確認する。
・雪の中の駐車は十分注意。
などなど。
しっかり楽しむ為にも大切です。


それでも久々のお山、そして雪山、テント泊、
Dさんとの登山。
全て楽しく勉強になりました。


Dさん今回もありがとうございました。
またご一緒しましょう!




mont-bell(モンベル) チェーンスパイク/BL/M【smtb-MS】 メーカー品番:1129612
山渓オンラインショップ楽天市場店
【注意】掲載中の商品はすべて在庫があるわけではございません。メーカー取り寄せになる場合もあります。チ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

リラックマ山岳隊
2015年03月16日 13:01
富士見平でのテント泊、いろいろハプニングが
あったようですが、結果的に楽しく勉強になって
良かったですね!小屋がクローズと、瑞牆山に
登れなかった事が残念でしたね。リラックマ山岳隊は
原則として冬山には登らないので、次回遠征は
5月のGWを予定しています。浅間山、蓼科山・・・
2015年03月16日 19:26
お仕事、お疲れ様です。

いろいろ大変でしたね。
私もなんだか最近は、ちょびちょびと忘れものをしたりします。
雪道運転も大変ですよね。
天狗に行った時に、みどり池でもソロの方のスタックした車を押したりして、やっと動いて他人事ながら、ほっとしました。
いろいろハプニングはあっても、雪上テントもDさんとご一緒で良かったですね。
2015年03月18日 23:01
リラックマ山岳隊さん、
いつもコメントありがとうございます。

今回、勉強もそうですが反省点が多い山行となりました。
山行というほど歩いてもいませんが・・・。
通年小屋で土日が休みなのは、ちょっと残念でした。

でも、やっぱり山は良いですね~。
GWが待ち遠しいですね!
2015年03月18日 23:07
chiakiさん、いつもコメントありがとうございます。

今回はハプニング続きでした。
結果は笑って済んでるので、
良かったですけど・・・。

雪道走行はほんの数10メートルなのに、
スタックしてしまうとは(笑)。
でもソロでのスタックは恐ろしいですね。
相当感謝されたのではないでしょうか。

雪山テント泊、今シーズンあと一回はしたいです。
やっぱり山は良いですね!

この記事へのトラックバック