冬の八ヶ岳 北横岳 日帰り 1月4日(金) 快晴 Part1

画像

今年初のお山、八ヶ岳の北横岳に日帰りで行ってきました。
今回はソロではなく同行者ありです。
メチャ天気良く最高な雪山歩きとなりました。
でも、初っ端からちょっとしたハプニングもありましたが・・・。
それでは今年初、そして行ったのも初の北横岳雪山歩きです!


新宿AM7:30発のあずさ3号に乗る為電車に乗りました。
予め乗り換え案内で調べてあった時間の通り。
いつも新宿発に乗る時は早めに着くようにゆとりを持って出ますが、
今回は案内のまま乗りました。
これが・・・。
線路点検とかで乗った電車が大崎止まりに・・・。
速攻、携帯で乗換えを調べました。
大崎で乗り換えれば新宿にギリギリ間に合う!
乗り換え時間は1分。
ところが・・・。
車内放送の到着予定時間よりも微妙に遅れ・・・。
新宿に到着したのはあずさ発車時間の7:30・・・。

指定席取ってたのに・・・。
同行者さん待ち合わせに遅れてすみません・・・。
チケットは僕が買ってたので。
申し訳ないです。


一発目からこんなハプニングで次のスーパーあずさ5号の
自由席で向かうことに。
幸い空いていて自由席でも並んで座れました。
平日だから良かった!


サクッと気持ちを切り替え、いざ茅野へ~!
相変わらずポジです!


乗った電車はこの電車。
無事、茅野駅へ到着。
前の電車と発車時間は30分違いますが、
到着した時間は15分違い。
スーパーあずさは速い!
予定していたバスにも間に合います。
画像


今回は2番乗り場で北八ヶ岳ロープウェイ行きに乗ります。
2012年4月1日から「ピラタス蓼科ロープウェイ」から
「北八ヶ岳ロープウェイ」に名前が変わったそうです。
なのでちょっと古い地図やカーナビは名前が違います。
バス停の表示もシールで直されているし。
因みに往復切符は2、000円。
画像


終点の北八ヶ岳ロープウェイに着きました。
目の前に到着です!
画像


ロープウェイに乗る人達は殆どボーダーやスキーヤーです。
登山装備の自分達はほんの少し場違いな・・・。
いぇ、そんな事はありません!
因みに往復切符は1、800円。
画像


標高2,237mの山頂駅まで約7分ほどでした。
真っ白!
白銀の世界です!
天気最高!
一眼(K-30)持ってくれば良かったな~。
今回はコンデジ(FT3)です。
画像

画像

画像


ロープウェイ山頂駅からは1周約30分程の、
散策路もあったりします。
普段着の方も何人か歩かれてました。
画像


休憩所でウェアなどを着込み準備をしました。
結構綺麗な休憩所です。
画像


ふと気付いたんですが旅レコの電池が切れてました・・・。
充電してこなかった。
前回の赤岳ではスイッチ入れ忘れたし・・・。
画像


準備万端! 北横岳に向かいます!
素晴らしい快晴。
画像


グリベルの12本爪アイゼンもバッチリ装着!
あっ、ベルトを切ってくるのを忘れました・・・。
相変わらず余りまくってます・・・。
画像


白銀の世界、そしていい天気!
風も全くない。
最高です!
画像

画像

画像


縞枯山かな?
ここも行ってみたいと思ってましたが今回は見送り。
画像


散策の方達は注意しましょう!
画像


ここから約60分ですか。
アイゼン付けてるけど、寧ろ歩きやすいです。
それにこのお天気。
楽しい雪山歩きになりそうです!
画像


登山道のちょっと横はこんな感じでズッポリ。
でも登山道は良く踏み固められていて歩きやすいです。
アイゼン付けてない人もいました。
そうそう一緒に行った同行者さんはチェーンスパイク。
チェーンスパイクでも快適なようです。
ただ、途中からちょっと厳しかったようです。
斜度がキツクなるとやっぱり厳しいようです。
同行者さんは今回雪山デビューです。
なのでともに雪山初心者。
写真は今回初投入のゲーターとオーバーパンツ!
ジャケットも今回初投入!
画像


この樹林帯がいい感じだ~!
画像

画像


樹林帯が切れた場所の眺望がまたいいんです!
暑い~。
ここに着く前にフリース脱いじゃいました。
着込み過ぎでした。
汗をかかないようにしないと。
そんな中、今回初投入のジャケット快適です!
レビューは別途。
実はフリースを脱いだ場所に外側にはめてたグローブを忘れてきました。
ダッシュで戻ることに。
たまたまそこはココまでで一番の急斜面・・・。
冬山で手袋を失くすのは命取りです。
反省。
でもグローブの予備はインナー含め、
持ってきてはいます。
画像


編笠山まで観えてます。
この日は眺望最高で南アルプス、中央アルプス、
北アルプス全て観えました!
ロープーウェイでも説明してくれましたよ!
槍ヶ岳もハッキリ観えてたし。
画像


三ツ岳分岐まで来ました。
画像


山専ボトルに入れてきたお湯を飲み休憩!
まだまだ熱々状態で猫舌の自分には飲めないほどです。
山専ボトル素晴らしい!
因みに同行者さんもサーモスで熱々状態でした。
実はこの休憩した場所から北横岳ヒュッテは直ぐソコだったんです。
全くわからなかった・・・。
まぁ、ここ眺望最高で結果良かったんですけどね。
画像


サクサクッと北横岳ヒュッテまで来ちゃいました~!
画像



北横岳ヒュッテの中で休憩しようかとも思ったんですが、
山頂まで進むことにしました。


Part1はここまでです。
Part2では北横岳ヒュッテから山頂へ向かうところからとなります。




サーモス ステンレスボトルFEK-800(800ml/400g)
YOSHIKI P2インターネットショップ
アイゼン、ピッケル…山には山の用品があるように山には山のボトルが必要でした。そこで…「山専ボトル」で





グリベル GRIVEL エアーテック・ニューマチック
好日山荘Webショップ
フロントの固定方法はプラスチックハーネス、かかとはバインディング止めのセミワンタッチ式アイゼン▼ 重





【送料無料】I・O DATAGPSロガー 旅レコ GPSLOG [GPSLOG]
ビックカメラ楽天市場店
◆旅レコの楽しみ方旅レコ(GPSLOG)は、旅のルート、軌跡を記録することができます。カメラと一緒に



"冬の八ヶ岳 北横岳 日帰り 1月4日(金) 快晴 Part1" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント