雲取山、七ツ石山(奥多摩小屋テント泊) 5月18日(土)、5月19日(日) Part1

画像

今回で2回目の雲取山です。
雲取山には2011年の6月に、
初めてソロテント泊で行きました!
そうそうイーサー60とシャルモGTXの
初投入のお山だったな~。
その前の年2010年からテント泊登山を始め、
当初はケストレル38にシリオの軽登山靴で、
テント泊を始めたんだった。
テント泊登山デビューは八ヶ岳のしらびそ小屋
登山デビューはまたまたその前の年、
2009年からとなります。
ちょっと脱線しましたが始まり始まり~。



今年2度目のテント泊。
そして今回で2度目の雲取山。

Dさんにお山のお誘いを受け、
曇取山を提案してみた結果、
行ってみる事になりました。

Dさんは雲取山は今回が初めてです。
そしてDさんはテント泊装備今回初投入です!
オール新品。
ただ、Dさんはオートキャンプを以前相当やっていたそうで、
オートキャンプでのテント泊はエキスパートです。
そしてクライミングも!


今回、雲取山を選んだ理由は以下です。
 ・急な斜面や危険箇所がない(距離はありますが)
 ・日帰りも可能なルートなので無理ない行程
 ・僕は前日が飲み会でクルマでの夜出発ができない(駐車場混雑懸念)
 ・Dさんは仕事が忙しく同じく前日夜出発ができない(駐車場混雑懸念)
 ・公共交通機関でのアクセスが楽
 ・テント泊できるお山としては比較的近場
などなどです。


パッキングをしてみるとザックの重さは、
16kgを超えてます。
今回シュラフは3シーズン用です。
それに冬用アウターではなく夏用レインウェアー。
アイゼンもないし一眼レフも持たずコンデジです。
でも結局この重さ。
もう少し軽く出来るよな~。


天候:両日とも快晴

利用交通機関:電車・バス

日程:
 5月18日(土) 鴨沢登山口~小袖駐車場~堂所~七ツ石小屋~ブナ坂~奥多摩小屋
 5月19日(日) 奥多摩小屋~ブナ坂~七ツ石山~七ツ石小屋~堂所~小袖駐車場~鴨沢登山口


いつものように出発後最寄り駅近くのコンビニで朝&昼飯をゲット。
ふと日焼け止めの装備を忘れている事に気付き慌てて購入。
購入したのは愛用しているアネッサ!
そしたらクジを3回引けますと店員さんが。(金額大目だし)
そこでこんな物が当たってしまいました~。
嬉しいやら悲しいやら・・・。
装備が・・・更に重くなる・・・。
なので野菜ジュースは電車の中で飲んじゃいました。
だって他に500mlのペットボトル2本と、
ハイドレーションには1.5Lの水が。
まぁ、これで今日の一日分の野菜はとれました!
画像


青梅線の終着駅、奥多摩駅に到着!
電車で来るのは初めてです。
ドアの開閉は手動ボタンでしたよ。
そして電車の中はヤマノボラーばかり(笑)。
バス停は長蛇の列。
臨時便が増発されていました。
それに8:42発のバスに乗るつもりが、
臨時(多分)に8時頃出発しました。
時刻表にないしラッキー!
画像


鴨沢バス停に到着です。
乗車時間は30分くらいを予想してたんだけど・・・。
もっと掛かってました。
画像


一応、帰りのバスの時間も撮っておきました!
画像


AM9:08 早速準備し出発です!
画像


熊出没注意!
だそうです。
画像


AM9:36 約30分ほどで小袖駐車場に到着。
前回はココにクルマを置きスタートでした。
Dさんは日ごろの仕事疲れと僕は昨日の飲み会疲れで、
二人の息は既に上がり気味・・・。
しかも暑いし。
画像


駐車場は予想通り満車でした。
鴨沢の駐車場も同様でした。
画像


ココにも熊出没注意!
期待は高まっちゃいますよ~!
嘘です・・・。
画像


この感じ好きです!
木陰の中を歩いていきます。
画像


PM0:31 七ツ石小屋の分岐まで来ました~。
かな~り時間掛かっちゃいました。
Dさんが途中から膝の不調を訴え辛そうで。
テン泊装備の重さと日頃の仕事疲れが響いているようです。
僕は途中断念も必要かなとも考えましたが、
Dさんはユックリであれば行けると。
では、ゆっくりユックリ行きましょう!
時間は余裕です。
画像


PM0:57 何とか七ツ石小屋まで到着しました!
Dさんお疲れ様です。
本当辛そうでした。
画像


ここのご主人気さくな人です。
「水と休憩は無料ですよ~」
「ユックリしてって~」
と仰ってました。
画像


ホームページとツイッターもやってるそうです。
そして小屋のメニューはこんな感じ。
画像


この日はちょっとガスってて残念ですが、
富士山も観えました!(写真でわかるかな・・・)
画像


PM1:16 約20分程休憩し栄養補給を終え出発です!
画像


七ツ石小屋直ぐ近くの水場です。
今回のルートでは2箇所目の水場。
わりと冷たいお水でした。
空いたペットボトルに補給。
画像


PM1:37 直ぐに合流地点に来ました。
Dさんは調子を取り戻しつつあります。
画像


PM1:49 ブナ坂に到着。
またまたちょっと休憩。
そして再出発。
画像


お馴染みの光景が。
画像


これいつも思うんですが野菜ですか?
画像


またまたお馴染みの光景。
今回もマウンテンバイクでくだってくる人がいました。
画像


またまた、またまた休憩。
エネルギーチャージ!
今回のランチパックはビーフカレー。
画像


そして一本満足。(朝ですけど夕方からの頑張りに!)
画像


景色は~!
残念・・・。
ちょっとガスちゃってます。
画像


うぉ、テントが見えてきた~。
という事は~。
画像


テントが見えた場所はココ。
ヘリポートからでした。
画像


奥多摩小屋に到着し休憩しながら、
Dさんと打ち合わせです。
このまま雲取山山頂を目指し雲取山荘にテント泊するか、
ここ奥多摩小屋にテントを張り空身で山頂を目指すか。

相談の結果、奥多摩小屋にテントを張る事に!
疲れてるし、時間的にも宴会の時間を増やしたいし。

で~、今日の寝床の場所はココにしました~!
右がDさんのザック。(おニューです!)
画像


バッチリ張っちゃいました!
Dさんサスガ、テント初投入とはいっても、
オートキャンプでテント張りは慣れてます。
早い!
エアライズのオレンジも綺麗。
そして2人用はやっぱり広いな~。
画像


Dさんがさくっとテーブルと椅子を作ってくれました!
これは快適だ~。
そしてビールとワイン!
画像


先ずはビールで乾杯!
(ちょっと散らかっちゃってます・・・)
画像


そして僕の中で定番になりつつある山料理。
厚切りベーコンとピーマンとエリンギとバター。
今回はコショウをかけてきて、醤油も持ってきました。
画像


テントの数も増えてきました~。
画像


いい感じの景色だ~。
前回来た時はあそこに張ってあるテントの場所だったな~。
画像


ご飯も炊いちゃいました~。
Dさんにもお裾分け。
画像


そしてスープで暖まり。
画像



夜はふけていくのでした~!


Part1は以上です!
Part2に続きます!



プラティパス platypus プラティ・プリザーブ
好日山荘Webショップ
栓を開けたワインのテイストを落とさずに保存する方法は唯一、空気に触れさせないことです。プラティ・プリ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 雲取山、七ツ石山(奥多摩小屋テント泊) 5月18日(土)、5月19日(日) Part2

    Excerpt: 今回で2回目の雲取山。 今年2度目のテント泊。 そして今年9回目の登山。 雲取山もやっぱりいいお山。 ちょっとPart1から間があいてしまいましたが、 Part2で書き上げちゃおうと思います.. Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-05-25 09:37
  • 今年も一年お疲れ様でした!

    Excerpt: 僕は何処かの占いだと今年はとても良い年だったようです。 実際は・・・。 多分、良い年だったのでしょう(笑)。 そして今年は更に更にお山に魅せられてしまった年でした。 年末に体調を崩していたのも.. Weblog: 遊び(趣味)の世界は奥が深いな~ racked: 2013-12-31 18:21