北ア テント泊 8月6日~8月9日 3泊4日(双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、雲ノ平) Part3

2013年の夏休み北アルプステント泊縦走、
Part2からの続きPart3です。
わさび平小屋から双六小屋へ向かうところからです。
晴れ間が出てきましたが、更にムシムシ状態に。
そしてここを過ぎた辺りから暫く傾斜が段々きつくなります。
頑張って登っちゃいましょう!
それではPart3です!


PM0:41 わさび平小屋を発ちます!
画像


登山道わかりますか?
ちょっと萎えました・・・。
蒸し暑い、ザックが重い、疲れが出てきた・・・。
頑張ります!
画像


PM1:14 弓折中段に到着。
立ちながら写真など撮りちょっと休憩。
画像


気合だ~!
画像


ここにもコバイケイソウが沢山咲き乱れています。
今年はコバイケイソウのヒット年みたいです。
後で雲ノ平山荘のホームページを見たら、
そんなような事が書かれてました。
画像


アップ!
画像


PM1:44 弓折乗越に到着です。
また暫し休憩。
画像


塩キャラメルで塩分と糖分補給。
これ美味しい~。
実はこれ来る途中のサービスエリアで買いました。
次回もこれ買ってこよう!
ちょっと喉が渇くけど。
画像


PM1:55 10分ほど休憩後、弓折乗越を発ちます。
今回はこまめにちょくちょく休憩を取りました。
画像


また結構ガスってきました。
山の天気は変わりやすいです。
でも、涼しくなるので意外と歓迎です。
雨は降らないでね。
レインウェア着るの面倒くさいし暑いから。
画像


花見平に到着!
名前の通りお花が咲き乱れてました~。
画像


空はガスって雲ばかりで眺望なしですが、
涼しいのでよしとしましょう!
画像


おいおい更にガスってきたぞ。
小雨がパラつきだしたし。
画像


この辺りから前に見える女性3人組の方達と抜きつ抜かれつつ。
それはレインウェア着たり脱いだりで。
この方達結局、双六小屋のキャンプサイトでもお近くでした。
更に翌日の雲ノ平でも(笑)。
その後何度かお話しさせて頂きましたが、
高天原温泉の秘湯に行かれるそうです。
そんな話を聞いたら温泉好きの僕は、
メチャ気になっちゃうじゃないですか~。
そんな所があるなんて全然知らなかったです。
画像


PM1:31 くろゆりベンチに到着。
またここで雨脚が強くなりレインウェアを着込みます。
今回忙しいな・・・。
面倒くさい・・・。
どうせ汗で濡れるし着ても意味ないかもと思いつつ。
画像


お~、モチベーションアップ~。
あれは双六小屋のキャンプ場ですね!
画像


トリカブト!
綺麗な花なんですが、猛毒・・・。
画像


と、ここで・・・。
なんと水切れ・・・。
また、ハイドレーションの水切れです。
今回、積極的に水を飲んでたので。
1.5L入れてきた水が切れました。
でも、500mlのペットボトルがあるので問題なし。
想定済みです!
水分補給はコマめに。
熱中症注意!
それと水切れ注意!
画像


生々しい熊注意!
2箇所同じように設置されてました。
つい最近熊に襲われた方がいたようです。
登山道に血痕が残っていたとの情報も。
恐ろしい・・・。
十分気をつけましょう!
先月、燕岳でモロに熊を目撃してしまった僕ですし・・・。
画像


晴れてきたぞ~!
ということで、またレインウェアを脱ぎました。
本当今回忙しい・・・。
その後また雨がパラツキましたが、
もう面相臭いので着ませんでした(笑)。
画像


もう近いぞ~、双六小屋は!
画像


冬季小屋だそうです。
画像


富山大学の診療所があります。
夏の間はやってるそうです。
有難いですね。
画像


PM3:20 双六小屋に到着しました!
今回は何度もタップリ休憩を取ったり食事したり、
レインウェアを着たり脱いだり繰り返し、
いつになく結構時間を費やしてます。
でも、今回の装備や天候では良いタイムかも。
画像


ザックを降ろし眺望は~。
イマイチ~。
画像


小屋の全容。
画像


そしてテント泊の受付を済ませ、
先ずはビール~。
山に登ると何故か炭酸系が飲みたくなるんです。
何故なんですかね~。
双六小屋のメニュー。
画像


手書きのルートマップも張られています。
画像


先ずは生ビールで乾杯!
グラスビールです。
いいですね~。
一人でですが・・・。
隣のワインも一緒に飲むわけではありませんよ(笑)。
プラティーリザーブに移し、
夜にチビチビのつもりです。
でも飲み切っちゃいました・・・。
なので更にもう一本購入!
飲み過ぎ?
画像


双六小屋のテント場は平らで広々していて、
とても良いサイトでした。
ただペグは刺さりやすいんですが抜けやすい。
工夫が必要です。
それと場所的に風が吹くと直撃だそうで、
暴風対策は必須だそうです。
今回は風は全く問題なしでした。
そういえば昨日は凄い状況だったとOさんが仰ってました。
暴風と激しい雨で低体温症になるかもと思ったそうです・・・。
写真はいきなりテントを張った後です。
バッチリ晴れたんですがまた激しい雨が・・・。
かなり強い雨でした。
画像


雨が激しいので十分換気をしつつ、
テント内で自炊する事に。
ご飯を炊く予定だったんですが、
面倒くさくなってしまったのと、
イマイチ食欲もないので蕎麦にしました。
どん兵衛。
ワインのビンが空ですが2本目です。
でも、結局飲みきれませんでした。
翌日、プラティーリザーブで担いで歩く事に(笑)。
画像


スープと蕎麦!
画像


また晴れました!
槍ヶ岳方面!
画像


明日は先ずは双六岳へ山頂へ行き、そして・・・。
画像


いい景色~!
画像


そして夕暮れも格好良い~。
画像


タップリ素敵な時間を凄し、
景色も堪能しそして夜に。

今回もブラックダダイヤモンドのLEDランタン、
オービットを持ってきました。
これ小さくて明るくて良いです。
でも、初日に電池切れ・・・。
予備電池持ってきたので問題なし。
また壊れたかなとちょっと焦りました。
これ既に2個目なので。
画像



この夜は結構冷え込み夜中に何度も目を覚ましました。
テント内でも10℃なかったです。
その代わり目が覚めたので空を観ると~。
メチャ綺麗な星空でした~。
何回かハッキリと流れ星も観れたし。
願い事も間に合ったと思うし!
願い事の内容は~。
言いませんよ~(笑)。


ということでPart3はここまでです。
Part4へ続きます!
今回、本当超長編になりそうです・・・。




Black Diamond(ブラックダイヤモンド) オービット/ダークシャドウ メーカー品番:BD81010
山渓オンラインショップ楽天市場店
【注意】掲載中の商品はすべて在庫があるわけではございません。メーカー取り寄せになる場合もあります。オ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

Touji777
2013年10月29日 21:16
はじめまして
こちらのブログいつも参考にさせてもらってます。この日槍ヶ岳経由の周回コースで双六小屋に僕もテント泊したんですが、ブログ見てビックリしました。テント場の写真に僕のテントも写ってました。手前の緑のヒルバーグの横にヒルバーグ赤ソウロが僕のテントです。いつもこちらのブログでは勉強させて頂いてるのでなぜか嬉しい気持ちになりました。
2013年10月30日 21:13
Touji777さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

いつも見て頂いてるんて、
本当光栄です!
初心者のつぶやき程度なので、
あまりあてにはならないかもです・・・。

あの日直ぐ近くでテント泊されていたんですね。
しかもTouji777さんのテント赤のソウロですか!
格好良いですよね~ソウロ。
それに悪天候にも強く、
テント自体も耐久性が高いみたいですね。
あ~やっぱり欲しいです(笑)。

僕のテントは丁度ヒルバーグのテントの間にある、
グリーンのテントです。
Touji777さんと何度かすれ違っているかもですね。

Touji777さんまた是非是非コメントください!
それと出来れば山道具のレビューなどもお知らせください!

この記事へのトラックバック