北ア テント泊 8月6日~8月9日 3泊4日(双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、雲ノ平) Part2

2013年の夏休み北アルプステント泊縦走、
Part1からの続きとなります。
Part2ではわさび平小屋に向かうところからとなります。
ムシムシ、ジトジト、そして小雨が降る中。
レインウェアを着てるので更に汗でビッショリ・・・。
雨に濡れなくても全く意味なし。
レインウェア着る意味あるのでしょうか。
脱水症状注意報です・・・。
そんな中それではPart2です!


AM8:20 わさび平小屋を発ちます。
約20分ほど休憩しちゃいました。
雨結構降ってたし。
最初の休憩からかなりマッタリしてしまいました。
他の方達もノンビリ雨宿りされてました。
画像


川になって道路に流れてます。
画像


ここから小池新道だそうです。
小池さんて方が作った道なんでしょうか?
鏡平までは3:30。
更に双六小屋までは2:20。
先はまだまだ長いです。
というよりまだ歩き出したばかりの状態ですね。
画像


こんな小川も渡り。
水が豊富なルートです。
増水時注意!
画像


石は平らで歩きやすい。
画像


何かちょっと不気味な実。
食べたいとは思いません。
食べれるのかな?
画像


とここで!!!
な、な、なんと~。
凄い偶然!
ここでOさんにお会いしました!
Oさんは下山中。
Oさんは去年の暮れ、赤岳鉱泉で夕食時偶然お隣になり、
お話をさせて頂き僕を雪山の赤岳山頂に立たせて頂いた方です。

その時Oさんのピッケルも貸して頂きました。
いわば僕の雪山師匠です。
折立から縦走されたそうで、
雲ノ平は絶対にオススメ。
是非とも行った方がいいと。
ということで急遽雲ノ平に行く事を決意!
ルート詳細は双六小屋に着いてから考えます!
いゃ~、素晴らしい偶然でした~。
やっぱり何かご縁がありますね(笑)。
Oさんこれからも宜しくお願い致します。
画像


雨も上がってきたし蒸し暑いので、
レインウェアを脱ぐ事にしました。
画像


秩父沢まできました。
画像


AM9:46 秩父沢で休憩です。
ここ川の流れで涼しくて気持ちよかった~。
マイナスイオンたっぷり。
ウェアは汗でビッショリでした。
画像


またまた食事。
今回はこまめに食事をとりました。
ランチパックのネクター完熟バナナクリーム&ホイップ。
画像


気温は約16℃といったところでしょうか。
やっぱり涼しい。
生き返りました。
画像


AM10:00 約15分の休憩後、秩父沢を発ちました。
今回は休憩回数も時間もタップリとりました。
画像


歩き出して直ぐ近く、チボ岩。
画像


イタドリヶ原まできました。
画像


イタドリヶ原でまたまた休憩。
雪渓はかなりとけてます。
画像


熊のおどり場を通過。
熊の踊り場???
危険なエリア・・・。
画像


熊のおどり場にはまだ雪が残ってました。
画像


お花畑が所々に。
画像


よく整備された木道を歩き。
画像


鏡池に到着です。
確かに鏡のような池。
画像


鏡池前の広場で休憩しつつ、
またまた食事。
今度は焼肉&マヨネーズ。
画像


AM12:23 そして鏡池前の広場から直ぐの鏡平小屋に到着。
こんなに近くに小屋があるの知りませんでした・・・。
鏡平小屋でまた休憩。
画像


飲み物や食事はこんな感じです。
画像


小屋前の池。
コバイケイソウも沢山咲いてます。
初夏の山を代表する花の一つらしいですが、
有毒だそうです。
重篤な場合死に至るそう。
誤食による食中毒が毎年のように発生しているそうです。
気を付けましょう!
画像



Part2はここまでとなります。
Part3へ続きます!



SOURCE ソース ハイドレーションパック WLP 2L SH-256
スポーツダイアリー
SOURCE ソース ハイドレーションパック WLPハイドレーションシステム対応パック。バックパック





SOURCE ソース ハイドレーションパック WXP 2L SH-253
スポーツダイアリー
SOURCE ソース ハイドレーションパック WXPハイドレーションシステム対応パック。バックパック





【オスプレー】レザヴォア 2L  2013Model
秀岳荘NETSHOP
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



"北ア テント泊 8月6日~8月9日 3泊4日(双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、雲ノ平) Part2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント